メゾン・エ・オブジェ2013秋冬 Hall-2 textile

Hall-2では、モードなインテリアをつくり出す高級インテリアテキスタイル、ファションブランドが手がけるホームコレクションの世界が繰り広げられ、生活を彩るベッドリネン、テーブルリネン、バスリネン、クッションなどのホームテキスタイルが展示されています。

秋冬コレクションのベッドルーム
Flamant textile (フラマン・テキスタイル)

FLAMANT textile-1

Flamant textileの前景

FLAMANT textile-2

Flamant textileのベッドルーム

通常のようにHall-5Bの会場で、トーン別に部屋をつくりを展開している “Flamant(フラマン)”ですが、今回はホームリネンだけが特別にHall-2の前面ステージで“FLAMANT textile(フラマン・テキスタイル)”として展示されていました。“Flamant(フラマン)”は1978年に設立、べルギーを拠点に、生活を彩るすべての商品をトータルにコーディネートしているホームインテリアショップです。フラマンらしい秋冬シーズンのベッドルームは、グレーシュなプラムカラーの壁と深い褐色み紫のベッドカバーが印象的な快適で暖かく絶妙なデザイン構成となっていました。居心地の良い豪華なバスローブとタオル、特に柔らかいベッドリネン、バスリネンやスローとクッションなど豊富な商品群となっています。

日本のウチノから世界のUCHNOへ!
UCHINO(ウチノ)

UCHINO(ウチノ)

UCHINO(ウチノ)

“Flamant(フラマン)”の隣、メインステージで展示をしていたのが、日本のタオルメーカーUCHINO(ウチノ)です。1937年創立の日本のUCHINO(ウチノ)のタオルは、日本だけではなく、パリのデパート「ボンマルシェ」、ロンドンの「ハロッズ」、「コンランショップ」にも置かれるほど品質とデザインに優れ、国際的に認められている「ウチノのタオル」です。「Maison & Objet」(メゾン・エ・オブジェ)に11回目の出展という実力派です。

次のページは「イギリスのクラシカルな小花や薔薇のモチーフが大人気!
Cath Kidston| (キャスキッドソン)」
に続きます!