IIJmio高速モバイル/Dサービス

IIJmioは、株式会社インターネットイニシアティブが提供する個人向けインターネットサービスとなっています。「IIJmio高速モバイル/Dサービス」は、LTEおよび3G対応のSIMカードを提供する高速モバイル通信サービスです。特徴としては、通信量に応じて、月額プランが945円から2688円まで選択できることと、クーポンの適用によってはLTEの最高速での利用ができることです。オプションでSMSサービスも用意してあります。

<特徴>
  • クーポンON/OFFが可能
  • クーポン非適用時、最大200kbps
  • クーポン適用時、下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
  • 追加クーポン315円(税込)/100MB
  • SMSオプション料金SMS機能付きSIMカード1枚につき147円(税込)

<ミニマムスタートプラン>
月額945円(税込)
バンドルクーポン500MB
通信規制対象となるデータ量:3日あたり366MB

<ライトスタートプラン>
月額1596円(税込)
バンドルクーポン2GB
通信規制対象となるデータ量:3日あたり120MB

<ファミリーシェアプラン>
月額2688円(税込)
バンドルクーポン2GB
SIMカードを最大3枚まで利用可能
通信規制対象となるデータ量:3日あたり366MB

<設定方法>
APN:iijmio.jp
ユーザ名:mio@iij
パスワード:iij
認証タイプ:PAPまたはCHAP

実際の使用例です。ドコモのiPhone 5s/5cにおいて、構成プロファイルを提供することにより、利用が可能となっています。SMSオプションにより、LTE通信ができる場合がある、との表記がIIJmioホームページにありましたが、SMSオプションなしのSIMカードで試したところ、3G通信のみで、LTE通信が不可のため、LTEをオフにする必要がありました。また、アンテナピクトは立ちませんでした。

ドコモ版iPhone 5sで使用する場合は、ホームページにて提供されている構成プロファイルをインストールします。

ドコモ版iPhone 5sで使用する場合は、ホームページにて提供されている構成プロファイルをインストールします。


通信している例

通信している例


b-mobile 4G「スマホ電話SIMfor LTE」

b-mobile 4Gは、日本通信によるMVNOサービスです。特徴として、音声通話に対応し、音声・通信の両方に対応したプラン、音声のみのプランが利用できます。また、3Gスマートフォン用に別プランが用意されています。通話に関しては、30秒あたりの通話料が21円/30秒となっており、SMS送信料(受信は無料) は一通あたり3.15円となっています。

プランは以下になります。音声プランとデータ通信オプションを組み合わせて、契約します。

<音声プラン LTEプラン>
月額1,080円

<データ通信オプション・月額定額980>
月額980円
通信速度150kbps
利用可能データ量:使い放題

<データ通信オプション・月額定額1980>
月額1980円
通信速度:制限なし
利用可能データ量:月ごとに1GB
利用可能データ量を使い切った場合は150kbps制限

<データ通信オプション・月額定額2980>
月額2980円
通信速度:制限なし
利用可能データ量料金:月ごとに2GB
利用可能データ量を使い切った場合は150kbps制限

<設定方法>
APN:bmobile.ne.jp
ユーザー名:bmobile@spd
パスワード:bmobile
認証タイプ:PAPまたはCHAP
※設定可能な場合PDP type: IP

なお、iOS 7の動作に関しては「iOS7にアップデートされた場合、データ通信専用SIMでご利用のお客様は通信が行えなくなります。音声SIMの場合はお使いいただけます」という記述があります。iOS 7を搭載しているドコモ版iPhone 5sで動作確認をしてみました。

構成プロファイルを自作し、インストールしたところ、アンテナピクトは立ち、LTE通信も可能でした。通話も可能で、MVNOサービスにて通話ができるのは、新鮮な感覚でした。

ドコモ版iPhone 5sでの使用例。構成プロファイルを自作してインストールしました。

ドコモ版iPhone 5sでの使用例。構成プロファイルを自作してインストールしました。
 

通信例。LTE通信が可能で、アンテナピクトが立ちました。

通信例。LTE通信が可能で、アンテナピクトが立ちました。


次のページでは、楽天ブロードバンド LTE、OCN モバイル ONE、U-mobileを見てみます。