約3年ぶりに高値を奪回したシートリップ

約3年ぶりに高値を奪回したシートリップ

約3年ぶりに高値を奪回したシートリップ

中国のオンライントラベルエージェント最大手のシートリップ(携程旅行、米国ナスダック上場、証券コード:CTRP)は、業界のパイオニア的存在で、現在中国最大のオンライン旅行会社として6千万人の会員を持ちます。ユーザーレビュー250万件を掲載し、中国最大のネットワークとして国内 35,000軒以上のホテル、1600の国内フライトに対応するほか、海外も172カ国9000以上のフライトと20万軒以上のホテルが予約可能です。その他国内ツアーや列車切符の手配も行います。基本的にオンラインを使ったネット旅行代理店ですが、オペレーターが電話及びSKYPEで応対もしてくれます。また中国を旅行する外国人ユーザーの為に、英語でカスタマーサービスも行っています。

ただ、同社の上場後、中国のネット業界は大競争時代に入りました。シートリップも競合によるマージンの低下、プロモーション費用の増加によって2011年第4四半期から5四半期連続で減益という状態に陥り、株価は2012年7月までに再び高値から▼77%下がって12.36ドルまで下がりました。

しかし、2013年第2四半期に+84.6%の増益を記録するなど再び成長が戻ってきました。同社の一株利益額は2012年第2四半期から5四半期連続で市場(アナリスト)予想平均を大きく超えて着地し、株価も再び息を吹き返してきました。2013年9月にはほぼ3年ぶりに上場来最高値を更新し、株価は1年間で2.4倍高となっております。株価を俯瞰すると、大きな上下動を見せるものの、長期的には上昇が続いているという様子です。

中国の旅行者数拡大を背景に業績拡大続く

中国のオンライントラベルエージェント最大手のシートリップ

中国のオンライントラベルエージェント最大手のシートリップ

基本的にシートリップの成長を支えるのは、中国のレジャー産業と旅行者数の拡大によります。中国の海外旅行者数を見てみると、2013年1-9月は前年比+18%増となる7255万人の中国人が海外へ旅行し、合計946億ドルを消費しています。また、国内観光旅行市場も高い成長率を維持しています。そして必要な旅行の手配は(従来の店頭での売買から)より一層オンライン化して行くという市場ファンダメンタルズは上場からずっと変わりません。

中国のオンライントラベル市場規模(グロスの予約金額)は、2012年に30%増の1709億人民元(2兆7500億円)となりました。そして今後も年率20~30%の成長が続き、2016年には2012年のさらに2.6倍の規模となる予想です。2012年の中国オンライントラベル市場のうち、6割を占めるたのが飛行機チケットの販売でした。ホテルの予約金額は全体の22%で、その他ツアー旅行が12%を占めます。

ただ、前述にもあるとおり、業界は競合が激化しており、今後はグーグルやアマゾンなども参入してくる可能性があります。オンライン・トラベル各社は現在スマホなどに対応する専用のアプリを開発し、洗練されたサービスでモバイルインターネットからの予約獲得に懸命です。

>>次のページではシートリップの今後の見通しに迫ります!