LCCの台頭で旅行の交通手段としてより身近になった旅客機。被写体にしても面白い飛行機を単に移動するためだけに利用するのはもったいないこと。大空に飛び立つ飛行機はコンデジでも簡単に撮影できます。飛行機を撮影するチャンスを活かしてみませんか。

空港デッキに行ってみよう


飛行機撮影

羽田空港の第二ターミナルの空港デッキ。眼下には駐機中の機体が広がる。


飛行機撮影

成田空港の空港デッキにある「カメラ枠」。ここからレンズを差し出して撮影することができる。


飛行機を撮影するのに最も手軽な場所は空港。その空港の中でも撮影するのに適しているのが空港デッキ。ほとんどの空港では、デッキが開放されています。

空港デッキからは、飛行機の離発着や駐機中の機体を見ることが出来ます。ビギナーの方でも飛行機を簡単に撮影できる場所です。

空港デッキには柵で覆われているところがありますが、いくつかのデッキでは撮影するときに柵が邪魔にならずにレンズを向けられるよう「カメラ枠」を設けている場所もあります。「カメラ枠」があればここからレンズを飛行機を向けることで柵越しでも楽に撮影ができます。

空港デッキでは、離発着する機体だけでなく空港内に駐機している機体や滑走路に移動中の飛行機なども狙って撮影してみたいところ。

空港ごとに風景も変わり、旅で巡ったデッキからの風景集を撮り集めてみるのも面白いです。

飛行機撮影

羽田空港からは東京スカイツリーを背景に機体を撮ることも可能。

空港デッキから見える風景を背景に機体を撮るのも旅の思い出にいいショットになります。例えば羽田空港の第二ターミナルのデッキからは東京スカイツリーを遠くに望むことができます。地方空港では、空港名を大きく書いてあるところもあるので地名を入れておくとどこの空港で撮ったのか一目でわかるので便利です。

天気のいいときはベンチでお弁当を食べるのにも最適な空港デッキ。時間に余裕を持って訪れたい場所です。

次のページは、離発着シーンの基本の撮り方についてです!