■“じぶんホテルの作り方”は1~7まであります。
まだお読みでない方は、ぜひ、1からスタートしてみてください。
>> 1:「“じぶんホテル”はホテル基準の部屋づくりメソッド」へ


“じぶんホテル”の総仕上げ!
オリジナルグッズ&ディレクトリを作ってみる

ホテルスタイルを維持するには、モノの管理が重要です。なんだか面倒そう……という意識を変えて、楽しみながら、ホテルディレクトリを作ってみましょう。ホテルディレクトリに必要な情報は、以下の通りです。

  1. 貸し出しアイテムをリストアップ:DVDやCD、洋書、加湿器などの季節用品、防災用品などを記入します。アイテムの追加や入れ替えをしたらリストは更新を。本当に活用しているか時々見返して、必要なものを絞り込むのにも使えます。
  2. 得意料理をリストアップ:自分がどれくらい料理のレパートリーを持っているか、把握していますか? ディナー向けの得意料理、体調が悪い時のメニュー、家族が遅く帰ってきたときにサッと出せる一品料理など、ルームサービスメニューのように一覧表にしておくと便利です。
  3. 近所の使えるスポットをリストアップ:住み慣れた町でも、見逃している施設があるかもしれません。図書館はライブラリー別館、市民プールは提携フィットネス施設。お散歩コースや、ジョギングルートを設定するのも良さそうですね。

ホテルステイの愉しみのひとつは、オリジナルアイテムのチェックですよね。ホテルオリジナルの便箋や、デザインセンスが光る筆記用具。そんな小物をお誂えして、じぶんホテルをセンスアップしてみましょう。自分や家族のイニシャル、住所の番地などは、立派なロゴマークになります。
オリジナルグッズ&ディレクトリを作ってみる

左:イニシャル刺繍入りのハンカチやシーツは、ホテルらしさを演出できる便利なアイテムです。ディレクトリは、デザインの良いバインダーにファイリングすればOK! モノの管理もできて一石二鳥です(写真をクリックすると大きく表示されます)

枕やタオルなどに刺繍を施すサービスを使えば(あるいは自分で針仕事をして)、ベッド周り・水回りもじぶんホテル化が可能です。ちょっとした遊びなのですが、気分を盛り上げるには効果大。レターセットも、オリジナルに対応してくれる文房具屋さんや印刷会社を活用して、ホテルスタイルの自宅を楽しんでください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。