新型フィットHVが売れている。すでに納期は2014年2月(消費税上げには間に合う)。おそらくプリウスを抜いて日本のベストセラーになったアクアと迷っている人も多いことだろう。以下、装備内容や価格、使い勝手を含め総合的な評価をしてみたい。果たしてお買い得なのはドチラか?
ハイブリッドシステムとして評価するとフィットHVの方がコストがかかっている上、使い勝手で明らかにフィットHV優位。ホンダの価格設定は相当頑張ったと思う

ハイブリッドシステムとして評価するとフィットHVの方がコストがかかっている上、使い勝手で明らかにフィットHV優位。ホンダの価格設定は相当頑張ったと思う


燃費

フィットHVの売れ筋グレードのJO08は33.6km/Lで、アクアの35.4km/Lに届いておらず。現時点で実用燃費の詳細な比較を行えていないものの、何回か行った簡易な計測だと引き分けか、若干アクア有利な数字が出ている。決定的な差は出ないと思っていいだろう。

使い勝手

ボディサイズを見ると、フィットHVとアクアは同等。ただ全高のみフィットHVが80mmも高い。けっこう決定的な差になっており、例えばリアシートなどでは、アクアは身長183cmの私だとスペース的に厳しい。フィットHVなら余裕で座れ、さらにラゲッジを積めるスペースまで残す。

アクアはファミリカーに使おうとすると少し物足りない感じ。方やフィットHVであれば、一回り大きいクルマと同じくらいのスペースを持つ。もし1台で済まそうとしているのなら、フィットHVを基本に考えるべきだと思う。セカンドカーとして使う人はどちらでもOK。

価格

172万円のフィットHV『Fパッケージ』と、180万円のアクア『S』は、ほぼ同じ装備内容。ハイブリッドシステムとして評価するとフィットHVの方がコストがかかっている上、使い勝手で明らかにフィットHV優位。ホンダの価格設定は相当頑張ったと思う。

安全装備

アクアは自動ブレーキがオプションでも選択できない。しかもフィットHVの『あんしんパッケージ』を見ると、自動ブレーキの他、アクアなら4万2000円するサイドカーテンエアバッグもセットになって6万円! 実質的に1万8000円で自動ブレーキが買えてしまう。

自動ブレーキが稼働するのは30km/h以下に限られるものの(31km/hだと全く作動しない)、街中での追突事故を分析すると30km/h以下の比率が多い。防止効果という点で考えるなら間違いなく1万8000円以上の価値を持つ。しかもあんしんパッケージを付けてもアクアより安い。

値引き&納期

フィットHVの値引きは基本的に無し。納期は早くて2013年1月下旬(10月8日時点)。という話を聞いてアクアのディーラーに行くと、値引き15万円の納期年内といった答え。しかもフィットHVと競合した場合、値引きについちゃ、さらに頑張ってくれそうな雰囲気。

年末から始まる消費税値上げ前の駆け込み需要に対し、トヨタも値引きで対向しようとしており、激しい戦いになるかもしれない。アクアを買うなら最低で20万円くらいの値引きを引き出したいところ。以上、クルマとしちゃ、フィットHVの優勢。値引き次第で「アクアもいいか」になる?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。