大阪の水辺をめぐって食べる! 「大阪水辺バル」

p8

大阪の水辺にある6つのエリア、8つの船着場を食べながらめぐる「大阪水辺バル」。食い倒れの街、大阪ならではのこだわりのグルメを船に乗ってバルで体験できておすすめです。


2つのメイン会場のほか、大阪市内各所で期間中、「水辺のまち拠点」としてさまざまなプログラムが行われます。

「大阪水辺バル」(10月12日、26日)は、大阪の“舟”と“水辺のまちの魅力”を組み合わせた、まちと川をめぐる新たな街遊びです。天満橋、北浜・淀屋橋、東横堀、中之島GATE、道頓堀、大正の6つのエリアを船でめぐります。それぞれのエリアが準備する約100のおもてなしメニューをはしごしながら、食と水辺を楽しめるプログラムです。チケット制(10枚綴り)で前売3200円、当日3500円。10月13日から11月2日まで(10月26日除く)の「あとバル」もあります。

p2

大阪で“水辺のまちあそび”が楽しめる「水都大阪フェス2013」。今年は中之島公園と中之島GATEをメイン会場に、さまざまなプログラムが開催されます。

一方、日本橋、とんぼりリバーウォークに、屋外レストラン「とんぼりリバーテラス」が登場。通常の道頓堀とは異なる、落ち着いた大人の空間が出現し、大阪ワインや店舗自慢の料理が提供されます(10月1日~31日)

さらに、大阪の街を自転車でめぐるコミュニティサイクル「COIDECO」が10月11日から本格スタート。“漕いで行こう!”をキャッチフレーズに、大阪のキタやミナミのターミナル駅周辺、水都大阪フェス会場などに自転車を貸出・返却できるポートが9ヶ所設置されます。

大阪が水の都だと実感する、もちろんグルメも楽しめる「水都大阪フェス2013」は、昨年よりもパワーアップ。10月の1ヶ月間だけ楽しめるイベントですので、ぜひこの機会に大阪に足を運び、“水辺のピクニック”を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※ 画像はすべて「水都大阪フェス2013」提供

<DATA>
水都大阪フェス2013 水辺のまちあそび

■ 会期:2013年10月1日~31日(コア期間:10月11日~14日)
■ 開催場所:中之島公園、中之島GATE、道頓堀・とんぼりリバーテラス、大阪水辺バルの開催エリアほか、大阪市内各所
■ 問い合わせ:一般社団法人 水都大阪パートナーズ 06-6444-3100

■ 交通アクセス
【1】 中之島公園
・京阪中之島線「なにわ橋」駅 すぐ
・京阪本線・地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅 徒歩5分
・京阪本線・地下鉄堺筋線「阿波座」駅 徒歩10分
【2】 中之島GATE
・地下鉄中央線・千日前線「阿波座」駅 徒歩10分
・地下鉄千日前線「玉川」駅・JR大阪環状線「野田」駅 徒歩20分
・京阪中之島線「中之島」駅 徒歩20分

※その他の開催場所など、詳しくは「水都大阪公式サイト」にて。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。