【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
デート

露骨に態度に出してしまうのは、大人としてはNGです

デートは、楽しい時間がいつまでも送れると思ったら大間違い! ちょっとした気持ちのすれ違いや、はたまた「いいな」と思っていた人とのデートでも「やっぱり違う」と途中で冷めてしまうケースも少なくありません。

実際に、一度はデートしたけどつまらなくて次はなかった……なんて話をよく聞きます。しかしながら、10代の頃のように「好きだから!」「嫌いだから!」で露骨に態度に出すのは、余りにも大人げないですし、露骨に態度に出してしまうのは、大人としてはNGです。

今回は冷めたデートの有効な時間の使い方をお話しします。これで、行こうかどうか悩むデートも、とりあえず行ってみよう!と言う気持ちになれますよ。

冷めた瞬間、とにかくその場を離れる。

そもそも、いくら大好きだった相手でも、自分がドン引きする行動をとれば100年の恋も冷めてしまうもの。それが、まだこれからの発展途上の相手に対しては、ドン引きの沸点まで早いのは普通です。

トイレなどを理由で、とにかくその場を離れてください。冷めてしまった時から、楽しいはずのデートもただの拷問でしかありません。ですから、一度自分の中の空気の入れ替えをするために、離れることで気持ちの切り替えましょう。

どんな気持ちの切り替えをするかと言うと、相手との時間を楽しみたい!と言う気持ちから、自分が楽しいと思えることをする!と言うシフトチェンジです。デートの基本は「自分が楽しい」ですが、決して「自分だけが楽しい」ではいけません。

ですが、気持ちが冷めてしまったのであれば、「自分がいかに得できるか」とシフトチェンジします。

次に出会う人のためのリサーチタイムと考える

デート

インタビュアーになったつもりで、情報収集!

自分が今日のデートで得するためにできること。それは、次に出会う相手のためにデートのリサーチをしましょう。

例えば「女の子がデートで喜ぶレストランとかある?」「女の子同士で『こういう男って嫌だ』みたいな話とかしないの?してるならどんな男?」「気になる女の子とは行っちゃいけない場所とかある?」などリサーチタイムに切り替えてください。

ポイントは決して、今目の前にいる相手ではなく、あくまでも一般的な異性の感覚を聞くことに徹してください。相手個人の意見だけをひたすら聞きすぎると「自分に興味があるんだ」と誤解を与えてしまいますので、「私だったら……」と言う話し方で持って行かれた場合は、話を一通り聞いてから「なるほど。友達もやっぱり、そういうの喜ぶって言う?」と客観的意見を柔らかく聞いてみましょう。