10月~11月頃にやるべき保活タスク

予防接種

集団生活に入る前に必要な予防接種は済ませておきたいもの。任意接種のものも含めると、全て終えるまでにかなりの回数と期間がかかります。また、本格的に寒くなってくると体調を崩しやすく、「予定通り接種できない!」なんて場面も増えてきますので、気候のよいこの時期から計画的に受けていくことをお勧めします。

12月~1月にやるべき保活タスク

認可保育園の申込書提出

自治体によって異なりますが、大体12月~1月に認可保育園の申込み受付けが始まります。先着順ではないので期間中に提出すれば問題ありませんが、書類内容に不備があったりして再提出となる場合もあるので、余裕を持って早めに提出したいもの。

2月~3月にやるべき保活タスク

「不承諾通知」にひるまない!

2月頃になると認可保育園の選考結果が発表されます。めでたく入園できることになった方は、ここから「入園準備」が始まりますね。でもその前に! 希望する園に入園が決まったら、他の申込済みの園(認可外園など)に「申込取消」の連絡を入れることを忘れずに。

残念ながら認可保育園に入れなかった方も、まだ諦めてはいけません! 「不承諾」という何とも重々しい表現の通知書が届きますので、ガッカリしてしまうママも多いのですが、気持ちを切替えて引続き入園に向けて取組みましょう。この時期に出来ることは限られていますが、既に申込済みの認可外保育園にコンタクトして、入園を希望する意思を再度伝えておくと良いでしょう。もしまだ申し込んでいない認可外保育園があったら、今からでも申込みしましょう。先着順の園の場合、この時期に申し込んでも入園できる可能性は低いかもしれませんが、何もやらないよりは確実に入園に近づきます。

さいごに……時期を問わずなるべく早く始めるべき保活タスク

先述のとおり、認可保育園への申込みは先着順ではないので期日までに書面を提出すれば大丈夫ですが、認可外保育園などは先着順で入園者を決めるケースも多いのです。よって、「認可・認可外問わず、どこかの保育園に入園させたい!」と思ったら、なるべく早い段階で通園圏内の認可外保育園をあたって見学と申込みを済ませておくことが重要です! 待機児童が多く認可保育園への入園が困難なエリアにお住まいの方は特に注意が必要で、ここでのスピード感が後々はっきりと影響してきますよ!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。