多くの人に愛された、歴史に残る高校野球漫画

■作品名
ドカベン

■作者名
水島新司

■巻数
単行本:全48巻、文庫本:全31巻

■連載雑誌
週刊少年チャンピオン

■おすすめの理由

「野球狂の詩」や「あぶさん」などの作品で知られ、
日本の野球漫画の第一人者と称される、水島新司が描く高校野球漫画。

「ドカベン」とは主人公の山田太郎のニックネームです。

明訓高校の4番バッターで「気は優しくて力持ち」を絵に描いたような人物です。

この山田太郎を中心に、岩鬼正美、殿馬一人、里中智、微笑三太郎の5人をまとめて「明訓五人衆」とされます。

この5人は、いずれも個性豊かなキャラクターの持ち主で、それが「ドカベン」の一番の魅力といっても差し支えないでしょう。

さらにいえば、5人の中で一番普通の人物に描かれているのが主人公の山田太郎で、
それ以外の脇役が、それぞれに主役を張ってもおかしくないほど際立っているのです。

普通は、脇役が目立ちすぎると、まとまりのない作品になってしまいがちですが、この「ドカベン」に関しては、山田太郎を中心に絶妙なバランスを保ち、見事なまでに調和がとれています。

さすがにチームプレイを重視する野球漫画だけに、このあたりの演出は、作者の思い描く通りなのかもしれません。

特に個性が際立つのが岩鬼正美。

スタンドプレイに徹する、存在感抜群のキャラクターに描かれていますが、かえってそれが山田太郎を際立たせる役目を果たしています。

ともあれ、高校野球を描いた作品としては、最も多くの人に愛された漫画として、歴史に残る名作だと思います。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。