クアラルンプールのチャイナタウンの特徴

チャイナタウン

チャイナタウンのシンボル、関帝廟。すぐ近くにヒンズー寺院がある

世界中にチャイナタウンはありますが、クアラルンプールならではの見どころがあります。それは、チャイナタウンにある中国寺院の内側から門の方を振り返ると、すぐそこにヒンズー寺院が見えること。多民族国家のマレーシアは、イスラム文化、中国文化、インド文化が隣り合わせに存在している国。その象徴的な景色なのです。

チャイナタウンのメインはペタリン通り

ペタリンストリート

雨の日でも楽しめるアーケード。週末は地元の人でごった返している

チャイナタウンは、露店が立ち並ぶペタリン通りを中心に広がっています。規模はだいたい横浜の中華街ぐらい。通りを歩けば、「ニッポン人ですか?」と店の人からのよび込みの声がかかり、露店で売っているのはブランド商品もどき。値引き交渉が必須の販売スタイルなので、表示金額の半額ぐらいから、じわじわ、にこにこ、攻めてみましょう。コツは、1個ではなく、いくつかまとめて買うこと。「数字」と「割引をお願い」くらいのマレー語を使うと、かなり効果あり。割引きをお願いは「クラン・シキ・ボレ?」です。

メイン通りから一本入れば、細い路地。屋台がずらっと並び、店主が中華鍋でじゅうじゅうと揚げ物をし、地元の人が普段着でごはんを食べています。中国系の食材を売っているマーケットをぷらぷらするのも楽しいですよ。

チャイナタウンで食事をする

チャイナタウン、お粥

「漢記」のお粥。鶏、ピータンがおすすめ。左奥の揚げパンもお忘れなく

チャイナタウンは、マレーシア人が「本場中国よりもおいしいよ」と自慢するマレーシアの中国系料理の宝庫です。どれを食べてもおいしいので、食いしん坊にはたまらない街。よりうまいモノに出あいたいなら、店の綺麗さよりも、地元の人が集まっている度合いを重視しましょう。

おすすめの店は、米粒がなくなるまでトロトロに煮込んだお粥の専門店「漢記/HON KEE」。また、チキンライスの専門店「南香/NAM HEONG」は、しっとりやわらかな鶏肉に、鶏の茹で汁で炊いたふっくらごはんが絶品。鶏肉のメニューはスチームとローストの2種類があり、「ハーフハーフ」での注文もできます。朝9時には完売するという朝専門の飲茶屋台「玉壺軒/Yook Woo Hin」。1皿のポーションが小さいので、少人数でも楽しめます。週末ともなると早朝から地元のマレーシア人で混みあうので、さらなる早起きがマストです!

また、細い路地裏にある個人経営の屋台では、豚の漢方土鍋煮込み「バクテー」、シンプルな味つけながらファンの多い「客家ミー」、マレーシアのおでんと称される「ヨントウフ」など、マレーシアで育まれた中国系料理を味わうことができます。これらはマレーシア人の普段のごはん。おいしくて安くて、最高です。

ロンガンジュース

漢方系の苦みであと味さっぱりのロンガンジュース

暑さにバテた……と思ったら、羅漢果(ラカンカ)ジュースを飲みましょう。羅漢果とはウリ科の果物。体の中にこもった熱を取り除くという効能があるといわれていて、マレーシアの街歩きには必須。乾燥させた羅漢果を数時間かけて煮だした真っ黒なジュースに、龍眼という果物をトッピングしていただきます。ほんのり漢方の苦みがある甘いジュースです。

 

チャイナタウンに近くにある立ち寄りスポット

ピーターホ―

ピーターホ―・レボリューション。スタイリッシュなアジアン雑貨が並ぶ

チャイナタウンの隣に、アジアン雑貨好きにはぜひ行ってもらいたい店があります。マレーシア人デザイナー、ピーター・ホー氏がプロデュースする雑貨店「ピーター・ホー・レボリューション・ビヨンド」。マレーシアの名所が描かれたエコバック、ポーチ、クッションがおすすめです。

観光スポットの「セントラルマーケット」も目の前です。マレーシア名産・なまこ石鹸などのお土産アイテムから、バティック柄のパレオ、エスニック風の洋服まで、いろんなショップが軒をつらねています。2階(マレーシアでは1st floorとよぶ)にはマラッカやペナンで独自に発展したニョニャ料理を提供するレストラン「プレシャス」もあります。青いご飯のニョニャナシレマがおすすめです。

ごはん食べて、ぷらぷら買い物して、そしてまたごはんを食べて。チャイナタウンは一日たっぷり遊べるスポットです。

<DATA>
■Peter Hoe Evolution + Beyond(ピーター・ホー・エボリューション+ビヨンド)
住所:145 Jalan Tun H.S. Lee, Lee Rubber Building Level 2
TEL:(03)2026-9788
営業時間:10:00~19:00(日~木)、~20:00(金、土)
※すぐ近くにもう1店舗あります。セントラルマーケットの正面口から道路を渡ったところです。ラインナップはほぼ同じですが、行ってみたいならお店のスタッフに場所を聞いてみて!

Central Market(セントラルマーケット) 
住所:Jalan Hang Kasturi, Kuala Lumpur 
TEL:+60-3-2031-0399
営業時間:10:00~22:00、無休(ただし店によって異なる)
アクセス:LRTパサールセニ駅より徒歩3分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。