日本メーカーでは初の、ISOFIXで装着できるジュニアシート「TAKATA 312-ifix junior」が新登場

TAKATAは、車のシートベルトやエアバッグなどの安全装置の世界的メーカーで、TAKATA製のチャイルドシートやジュニアシートは、ドイツ 「Aidi(アウディ)」でも純正採用されるなど、CRS(チャイルド・レストレイント・システム= 年少者拘束装置)の分野でも、トップレベルの評価を得るメーカーです。

今回発売されたジュニアシート「TAKATA 312-ifix junior」も、技術と理論がベストマッチした、堅実なジュニアシートとして、世界最高峰の安全性能が期待できます。
カラーラインナップは、レッド/ブラック・ネイビー/ブルー

カラーラインナップは、レッド/ブラック・ネイビー/ブルー

従来、ジュニアシートは、小さな子供の体格に合わせて、シートベルトが正しく「骨盤・胸骨・鎖骨」にあてがわれるように、位置補正をするだけの目的で作られたものから始まりました。車のシートベルトを直接子供の拘束に使用するので、ジュニアシート自体を座席に固定する手段がなくなり、ジュニアシートと言えば、固定されずに座席に置くだけのものでした。

初期のジュニアシートは、事故時の子どもへの負荷を避けるために、軽さを重視して、本体の大部分を発泡材だけで作ったものもあったのですが、頭部保護や側面衝突対策などで本体の構造が複雑になり、強度も必要になってくると、固定できない事のリスクが増してきていました。

ISOFIXで取付は非常に簡単、かつ確実。

ISOFIXで取付は非常に簡単、かつ確実。

それが、今回子紹介する製品のようにISOFIXに対応し、ジュニアシートを座席に固定することができるようになると、事故時に子どもの体に負荷を掛けずに済むだけでなく、ドライブ中の安定感はもちろん、子供が自分で乗り降りする際の座りやすさにも貢献します。

 

最先端の取り付けシステム「ISOFIX」で、確実固定。

最先端の取り付けシステム「ISOFIX」で、確実固定。

ISOFIXが車に備わっている車は、ISOFIXの金具に直接組み付けます。はめ込むだけなので極めて簡単。力がなくても、確実に固定できる安心設計です。

車が複数台あって、すべてにISOFIXが無い場合も大丈夫、ISOFIXバーを収納できるので、通常のジュニアシートとしても使用できます。


 
取付はとても簡単で、下記に図解しますように、誰でも、また力やコツを知らずとも、手順通りにすれば確実な固定ができます。写真の座席はデモ用の座席なのでISOFIXの金具が露出していますが、一般的な車では座席の中に埋もれて隠れています。ちょっと手探りして、金具にあてがってください。
ISOFIX取り付けは、驚くほど簡単で、確実です

ISOFIX取り付けは、驚くほど簡単で、確実です

ストラップを引いて座面を押すと、背もたれとの隙間をなくしてピッタリフィット

ストラップを引いて座面を押すと、背もたれとの隙間をなくしてピッタリフィット


金具への連結が出来たら、最後に座席背もたれに密着させます。