世代を問わずに愛されている、有名な京都みやげ

 

 

■商品名
河道屋 蕎麦ほうる

■おすすめするポイント
河道屋は江戸時代から続く蕎麦の老舗。
現在も蕎麦屋さんを営むほか、京都みやげとして有名な「蕎麦ほうる」も手がけています。私はこの蕎麦ほうるが大好きで、小さい頃からお土産にもらうととても喜んで食べていました。いまも私が旅行した時はよくお土産に買って帰ります。

このお菓子が誕生したのは明治の始め頃なのだそう。蕎麦ほうるは蕎麦粉に小麦粉、卵、砂糖を加え、焼き上げたもの。独特の蕎麦の香りと香ばしい味、カリッとしていながら優しい口どけは時代も世代も問わず愛されるものだと思います。

 

 

梅の形もかわいらしいですね。丸い形の蕎麦ほうるはつぼみと呼ばれます。つぼみだけを詰めたものも販売されています。

かわいい形とおいしい味で、どなたに渡しても喜ばれる、間違いないお土産です。軽いですし、値段も手ごろなのもうれしいです。


■商品を購入した場所
住所:京都駅ビル専門店街 TheCUBE1F 北館
HP:www.thecube.co.jp/shop.php

■蕎麦ほうる
メーカー:総本家 河道屋
価格:90g 324円~
購入可能場所:実店舗や電話注文など
HP:www.kawamichiya.co.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。