新旧の融合を感じさせる“サウスコリドー”エリア

新旧の融合を感じさせる“サウスコリドー”エリア


旧万世橋駅遺構と一体化した商業施設『mAAch ecute(マーチエキュート)神田万世橋』が2013年9月14日(土)にOPEN!

場所は、神田と秋葉原の間を流れる神田川沿い(神田側)。現在も中央線が行き交う、1912年(明治45年)に完成した赤レンガ造りの万世橋高架橋。
100年以上もの間、電車の振動に耐えた万世橋高架橋を壊すことなく、リノベーションという形で遺構も生かしていることに一つの意義を感じる商業施設の誕生です!

“2013プラットホーム”中央線が間近に行き交う不思議な空間の展望デッキ

“2013プラットホーム”中央線が間近に行き交う不思議な空間の展望デッキ


1943年まで秋葉原と御茶ノ水の間に存在した「旧万世橋駅」のホームへと上がる階段や、交通博物館時代の名残をはじめ、歴史的価値のある遺構を随所に見ることができます。
かつて旧万世橋駅時代のプラットホームがカフェになった展望デッキを設けた“2013プラットホーム”では、中央線が間近に行きかう様子を見ることができ、「ここは駅だったのだ」と改めて実感します。

神田川に面したカフェ「フクモリ」

神田川に面したカフェ「フクモリ」

神田川に面し、施設内のアーチ空間の連続が回廊をイメージさせ、来館者の回遊を誘う“ノースコリドー”エリアでは、東神田から食を通じて山形の魅力を発信しているカフェ「フクモリ」など、飲食と雑貨等が融合する2ショップを展開。

新旧の融合を感じさせる“サウスコリドー”エリアには、高架下の空間をそのまま生かした路面店7ショップが揃います。

その中のスイーツにまつわるお店をご紹介しましょう。
NOAKEundefinedTOKYO