【新商品】 LIXIL

既存物を壊さないカバー工法商材
内装リフォーム専用商品「Renova(リノバ)」


内装リフォームの施工の際には、「建具が歪みによってきれいに納まらない」とか、「壁と幅木にすき間が生まれる」「床に段差ができる」など、工事を始めなければわからない問題点も多く出てくるもの。既存の壁や枠を壊したり、細かく調整することは、意外に手間も経費もかかり、施工側だけでなく、施主にとってもできるだけ避けたいことでしょう。

LIXILは、既存物を壊さないカバー工法採用の内装リフォーム専用商品「Renova(リノバ)」を、トステムブランドから発売。 「壊さない工夫」「現場にFIT」「ムダの排除」をテーマに開発されたもので、室内ドア・引戸などの建具から、カバー材や床見切り材などまで揃い、さまざまな内装リフォームに対応することが可能です。

LIXIL

内装リフォーム専用商品「Renova(リノバ)」


「壊さない工夫」としては、「カバー工法」を採用。既存枠(窓枠・建具枠など)の上から「リノバカバー材」を取り付けるだけで、壁を取り壊すことなく建具や造作材がきれいに仕上がります。既存枠をそのままに、建具扉を交換でき、ゆがみも調整する機能も。壊す手間だけでなく、廃材の処理の手間を省けるでしょう。

また、「現場にFIT」するよう、フレキシブルで可動式の「リノバ床見切り材」も用意。室内で生まれる段差やすき間を解消することが可能に。最大15mmまでの段差を解消できるので、見た目だけでなく歩行時の安全性も向上。半硬質素材で幅木コーナーの段差やズレを吸収しやすく、コーナー部を美しくまとめるキャップも揃っています。

「ムダの排除」としては、部材の長さを3000mmに設定することで、業務用車でもカットすることなく運搬できるとか。作業現場での取り回しも良いので、作業効率のアップも期待できるでしょう。

最近では、このようなリフォームに細かく対応するメーカー商品が多くみられるようになりました。また、ショールームのリフォームコーナーも充実してきています。リフォームを検討しているのであれば、最新商品のチェックをしたり、アドバイザーに相談するなど、積極的にショールームを活用することをおすすめします。

■商品ラインアップ
・建具系(サイズ特注品)
リノバ室内ドア、リノバ室内引戸、リノバ戸襖ドア、リノバ戸襖引戸
・部材系
リノバ造作材、リノバ床造作材、造作材(機種追加)
<カラーラインアップ>
W/クリエホワイト、P/クリエペール、L/クリエラスク、M/クリエモカ、D/クリエダーク

■詳細情報 LIXIL



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。