自然との触れあいが、五感とからだを発達させる

undefined

 

今回は、住友林業の庭の設計提案『ハグくみの庭』をご紹介しましょう。

『ハグくみの庭』は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会主催の「2013年 第7回キッズデザイン賞」で“子どもの産み育て支援デザイン 個人・家庭部門”のキッズデザイン賞を受賞しています。
undefined

 

住友林業 筑波研究所 押田聡子研究員

住友林業 筑波研究所
押田聡子研究員

「素足で草の上を歩いたり、花をつんだり、虫をつかまえたり……。子どもは、実際にからだを動かし、自然に触れて五感を通した経験を重ねることで、生きていくための知恵や知識である実用的知能を身につけていきます。からだを通して得たさまざまな体験が、その後の、文字から得る情報への理解力や思考力などの土台になるといわれているんです」と押田さん。幼い時期に、ベースとなる経験を十分に積むことが、その後の発達につながるということですね。

「さらに大切なことは、子どもが自発的に興味をもって動くこと。自分から好奇心をもって遊ぶとき、子どもの発達が強く促されるといわれているんです」。

子どもがのびのびと遊びながら感性をはぐくみ、心とからだを発達させることができる。そんな庭をつくるための12のアイデアを、具体的にご紹介しましょう。

 

安全な庭なら、子どもがのびのび遊べる

●〔見まもり庭〕LDKから目の届く庭
undefined

 

「自宅の庭で遊ばせるメリットの一つは、家事などをしながら子どもの様子をみていられるということ。親の目が届くことで、子どもも親も安心しながら、のびのび過ごすことができます。設計の際には、大人が普段長く時間を過ごす場所の近くに、庭を配置するといいですね」。

庭と住まいは、一緒に計画することが大事だといえます。


●〔見わたし垣〕飛び出し防止のための、低めの生け垣
undefined

 

「遊びに夢中の子どもは、うっかり外に飛び出したり、止めても聞かないことがあります。飛び出しをガードしつつ、外の様子も見渡せるようにするには、低めの生け垣がおすすめです。柵や塀のように、足をかけて乗り越える心配もありません」。

これなら、外から様子が見えるので、防犯面も安心です。


●〔ステップデッキ〕意図的に段差をつけたウッドデッキ
undefined

 

「通常のウッドデッキは、地面との段差が60cm近くになり、小さい子どもには危険です。子どもが自分で上り下りしたいと思ったとき、無理なくできるように、途中にステップを設けることを提案しています」。

自分一人で上り下りできれば、積極的にからだを動かそうという意欲につながりますね。
 
●〔芝生じゅうたん〕裸足でも遊べる、芝生の庭
「やわらかい芝生の上に出ると、子どもは活発に遊んだり、自ら裸足になったりして、多彩な行動を引き出せます。裸足で地面をしっかり踏みしめることで、土踏まずが発達するという説もあります。転んでも痛くない点もうれしいですね」。

住友林業では、刈り込みの手間が少ない、手入れの楽な品種をおすすめしています。


●〔あんしんリーフ〕子どもがさわっても、安全な植物
「子どもは、植物をさわったりちぎったり、時には口に入れることもあります。子どもの手が届く範囲には、トゲや毒のある植物を植えないようにしましょう」。

安全なものだけだとわかっていれば、親も安心して自由に遊ばせられますね。


まだまだある! 子どもを育む庭づくりのポイント>>