「トイレ」が何をするところかを覚えられる仕組み

 

 

ベネッセのキャラクター「しまじろう」と一緒にトイレトレーニングができるおもちゃです。
本やDVDと一緒にしまじろうをトイレに座らせたり、パンツを脱がせてトイレに行かせてあげることで、
自分もトイレに行くという意識を持つようになっています。

本の中にもトイレの形をしたトレーニングページがあり、ボタンを押すとトイレが流れる音やおしっこ、うんちをする場所だということが分かるようになっていて、「トイレ」が何をするところかを覚えられる仕組みになっています。

あとは繰り返しのトレーニング。
2歳前から3歳前くらいがちょうどいい時期だと思いますが、トイレに連れていく時間を決めて徐々に慣れさせてあげることでトイレに行けるようになります。
上の子は1、2回でトイレへ行けるようになりました。
下の子はまだトレーニング中……。
しまじろうのトイレトイを持ち歩いて一緒にトイレに行ってトレーニングをしています。

■こどもちゃれんじ
HP:www.shimajiro.co.jp/happy085/hazure/kochare/


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でベビー用品を見る

Amazonでベビー用品を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。