【新商品】 DAIKEN  

リフォーム用の「リモデル断熱下地パネル」


間取りや内装を一新したり、設備機器を取り替えたり、リフォームプランはさまざまですが、最近注目されているのが、住まいの断熱性能を高めるリフォームでしょう。大建工業からは、既存住宅の内壁の上から施工し、断熱性を向上させるリフォーム用の断熱下地パネルが発売。簡単な施工で、壁の断熱改修工事が可能になるものです。
DAIKEN

リフォーム用の「リモデル断熱下地パネル」

住宅の熱の出入りが一番多いのは窓(開口部)、次に多いのが外壁ですが、窓の断熱改修工事に比べ、壁の断熱改修工事は、どうしても大掛かりな工事になってしまうことや費用面等々が課題となり、なかなか普及が進んでいないが現状とか。

リフォーム用断熱パネル「リモデル断熱下地パネル」は、インシュレーションボード(木材などを繊維状にしたものを主原料として板状に成形されたもの)の断熱性能を活用したもの。切断などの加工が容易で、外壁や壁の内部の断熱材はそのままに、既存の内壁のクロスの上から直接施工することが可能、大規模な工事を伴わないのが大きな特徴です。壁材「さらりあ~と」を重ね貼りして仕上げるため、クロス貼りも不要。大工工事だけで仕上げまで完了させることができるので費用も抑えることが可能に。部屋の湿度を適度な状態に調節する調湿壁材「さらりあ~と」と組み合わせることにより、快適性と省エネ効果も改善するとか。

住まいの断熱性能を高めるためにリフォームを検討するのであれば、窓だけでなく壁も合わせてプランニングしてみてはいかがでしょうか。

■リモデル断熱下地パネルの主な仕様
さらりあーと専用の断熱下地パネル
サイズ:12.5mm厚さ、910×1820mm
価 格:税別2万4400円(4枚入り)
基 材:インシュレーションボード+合板

【詳細情報】 DAIKEN 



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。