投資オンチといわれる日本人には、いくつかの特徴的な行動パターンがあります。その一つが、ひんぱんな売買を繰り返すことです。

「投資=売買」という誤解がないか?

こまごまとタイミングを狙おうと思うと、得られるはずの利益も得られない羽目に

こまごまとタイミングを狙おうと思うと、得られるはずの利益も得られない羽目に

多くの日本人は、投資とは銘柄株を売り買いすることだと思い込んでいます。ですから、株式市場(マーケット)に入ったり出たりを繰り返します(証券会社は喜びます)。利益確定の売りとか、なにかの作業をしていないとお金が増えないという先入観にとらわれています。

そう考えると、マーケットのタイミングを効果的にとらえたくなります。株価が動かないときに休戦して、株価が動くときにだけ参戦すれば、リターンは上がります。しかし、そうは簡単にいかないのが、株式市場です。

マーケットに入ったり出たりを繰り返すことを、「マーケットタイミングをはかる」といいます。これが上手くできれば効率がよいのですが、逆のことになると機会損失を作ります。

タイミングを計ると利益を取り損なう

たとえば、2013年5月23日のようは大きな株価調整の後に、東証株価は停滞を続けます。大きな下げの後には、もっと大きな下げが来るような気がして、心配して人は株式市場から一時撤退しがち。だから、「また上がりだしたら戻って来よう」と思うわけです。下がるリスクを回避するために、マーケットから退場します(売ります)。

そうしたときに起こりがちなことが、急な反発です。あるいは、反騰ともいわれます。ダラダラとしていた相場にいっぺんにエネルギーに満ちて、力強く上がり始めます。

悲観的に考えて退場していた人は、自分の思惑と反対方向に相場が動いたとき、素直に流れに従えません(買い出動できません)。自分の予測が間違っていたとは、やっぱり考えたくないので、マーケットの変化に対してとっさには動けないのです。そうなると、下落を恐れるあまりに、株価急騰というご褒美を取り損ねることになります。

日本株式市場の統計:4%の不在で95%の利益を失う

過去の日本株式市場において、こんな統計があります。

1951年から2001年までの50年間の株価推移に関してです。1951年末に100円を株式市場に投資したと仮定すると、2001年末には資産は2万8880円に成長していました(288倍になりました)。

ところが、同じ100円を投資していたとしても、株式市場の毎月のリターンのうち、リターンの高かった上位25カ月のリターンを取り逃したとすると、資産はわずかに1245円にしか成長しなかったことになります(たったの12倍)。

つまり、投資期間のうち4%だけマーケットから離れたことで、リターンの95%と取り逃すことになったのです。

米国株式市場の統計:4%の不在で99%の利益を失う

同じような統計は、米国株式市場にもあります。こちらは、1925年から2001年までの75年間の統計です。

1925年末に1ドルを投資したと仮定すると、2001年末には2279ドルに成長していたことになります(2279倍になりました)。

しかし、同じく1ドルを投資していたとしても、株式市場のリターンのうち、上位38カ月のリターンを逃したとすると、わずかに15ドル97セントにしか成長しなかったことになります(たったの15倍)。

米国においては、投資期間のうちの4%だけマーケットから離れたことで、リターンの99%を取り逃すことになりました。

たった10日間が年間の収益を左右する

投資期間の4%とは1年間でみるとどのくらいでしょうか?それは銀行営業日ベースで計算すると、たったの10日間です。

マーケットにいなかった日数が1年間のうち、たった10日だけだったとしても、それが最高に反発した(下落のあとの反騰)後の10日であれば、ほとんどのリターンを取りこぼすことになるといっても、言い過ぎではありません。

こんな事実から、普通の人が確実にもうけるには、マーケットから出入りしないことが鉄則であると、海外ではいわれているのです。

感情に左右された判断から売ったり買ったりを繰り返していると、損をしていくワケがお分かりいただますか?投資をし続ける(マーケットに居続ける)ことが、必然の恵みを受け取る最上の方法なのです。

長期投資家の合い言葉は「ステイ・イン・ザマーケット(Stay in the market.)」です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。