インテリア小物は素材を選ぼう

安全性を考えるなら、部屋に物が少ないほど落下や破損によるけがの心配も少なくなります。ですが、あまりにも殺風景すぎる部屋は子供部屋としてはちょっと寂しいですよね。安全性とインテリアを両立させるためには、飾る小物の素材配置を工夫してみましょう。

例えばフォトフレーム。アクリルはガラスよりも割れにくいので、アクリル製のフォトフレームに変えるだけでも立派な安全対策。フレーム部分も布や革・紙などの柔らかめの素材を選べば、落下時にフレームの角にぶつかってもけがを最小限に抑えられるでしょう。

小物を飾るときはなるべく低い位置に

小物を飾るときはなるべく低い位置に

「どこに飾るか?」。配置をちょっと工夫することも安全対策です。フォトフレームを180cmの本棚の一番上に飾るのと、高さ40cm程度のローボードの上に飾るのとでは、落下した時にどちらが壊れやすいかはイメージわきやすいですよね。

子供部屋に飾るインテリア小物は、ぶつかったとしても痛くない、落ちても破損しない、飛び散らないような安全素材を選びましょう。これは地震対策だけでなく、普段の暮らしの中での危険回避という点からも大切なポイントです。

もし、ガラスなどの割れやすい素材の小物をどうしても飾りたいなら、できるだけ部屋の入り口から離れているところ、避難経路から離れているところに飾りましょう。万が一落下して壊れてしまったときに、少しでも避難経路に破片が飛び散るのを少なくするためです。

大切なお子さんをもしものことから守るために、安全性という点からも子供部屋を見つめなおしてみてくださいね。



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。