Evernoteで名刺を管理する方法はいくつか考えられます。スキャナーで綺麗に取り込んで会社名や氏名をタイトルやタグに付ける……など、こだわればこだわるほど管理の方法は広がります。

しかし、問題は煩雑さです。あまり凝った管理方法をしていると、結局は長続きせず、名刺管理に挫折してしまう原因になってしまいます。

そこで今回は、手軽に取り込んでキチンと活用できる名刺管理術をご紹介します。


スマホで撮影するだけ


名刺をEvernoteに取り込むには、写真を一枚パシャリと撮影するだけ。たったこれだけで、最適な形で名刺管理できます。以下で順を追って説明しましょう。

まずiPhoneのEvernoteアプリを立ち上げ、「ページ撮影」を選択します。

ページ撮影は撮影した写真に自動補正をかけてくれる

ページ撮影は撮影した写真に自動補正をかけてくれる


するとカメラが起動します。四角い枠線がありますので、その中に名刺が収まるように撮影します。

黒い枠に四隅が収まるように撮影する

黒い枠に四隅が収まるように撮影する


撮影が終わると右下にチェックマークがでるので、これを選択。すると、撮影した写真がEvernoteに送られます。

ページ撮影-3

チェックマークを押すと自動的にEvernoteに保存される


保存された名刺は、名刺の四隅でキレイにトリミングされた状態で残ります。

ページ撮影-4

ページ撮影で保存された写真は自動的に補正され、必要部分が抜き出された状態で保存される


次は、名刺を管理するためのノートブックの作り方をご紹介します。