丁寧な仕事ぶりが伝わる至極の一皿

 

 

札幌に4年間ほど住んでいたころは、スープカレーが大好きで、いろんなところを食べ歩いていました。中でも一番大好きだったお店が「一文字カリー店」。スープカレーは他のカレーと違い、大きな野菜がごろごろ入っているのが特徴。野菜をおいしく食べられる料理だと思っています。

ここのカレーは調理がとても丁寧で、素あげされたブロッコリーや甘くてほくほくのかぼちゃなどが本当においしく、スープにマッチしています。正直、火の通りがわるくて固かったり、彩りのためにただ追加しただけのようなミスマッチなカレーを出すお店もあります。

このお店に出会ってから、カレーに求めるレベルが上がってしまい、他のお店に行ってもやっぱり一文字さんのがイチバン!と思うようになってしまいました。

注意点としては、観光客には少々ハードルが高いこと。軽自動車以外は駐車場が使えなかったり、容赦なく相席にされたり(席は選べない)、11席しかないので入れなかったり長時間待たされたり。

上級者は「テイクアウト」を利用されているようです。筆者も待ち時間中は近くのシャトレーゼで時間つぶしてたり、神経質な人とは行かないようにしていました。
小規模の店舗なのでなかなか難しい問題ですが、それでも行く価値はあると思います。

■一文字カリー店
住所:北海道札幌市白石区本通17丁目南2-4
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)、17:30~21:00(L.O.20:30)
席数:11席

※データは記事公開時点の情報です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。