※2015年の最新情報は『今年も恐い!2015年 全国 夏のお化け屋敷』記事をご覧ください。

夏の風物詩「お化け屋敷」は、近年、夏限定オープン、夏に向けてリニューアルするスタイルが急増しています。その会場は遊園地・テーマパークだけでなく、街中の特設会場に突如出現するお化け屋敷も数多く見られます。それでは、東日本で楽しめる、限定&夏に向けてリニューアルしたお化け屋敷・ホラーアトラクションを一挙に紹介します。

■東京のお化け屋敷&ホラーアトラクション……P.1
■関東・東北のお化け屋敷&ホラーアトラクション……P.2
■中部のお化け屋敷&ホラーアトラクション……P.3

西日本編はこちらです。
■「バイオハザード・ザ・リアル」体験レポート……西日本編P.1
■関西のお化け屋敷&ホラーアトラクション……西日本編P.2
■中国・四国・九州のお化け屋敷&ホラーアトラクション……西日本編P.3

なお、名称の前につけている【1】【2】……などの数字は順位・ランキングではありません。

東京のお化け屋敷&ホラーアトラクション

【1】呪い歯 -密十号の家-
■会場 東京ドームシティ(東京都・後楽園)
■期間 2013年7月19日(金)~9月23日(月祝)
■料金 800円(6歳以上限定、絶叫篇のみワンデーパスポート利用可)

お化け屋敷プロデューサー・五味弘文氏による夏限定のお化け屋敷が、今年も東京ドームシティに出現。今回は、東京のほか、大阪梅田、名古屋栄、そしてドラマや小説なども含めたホラープロジェクト“黒い歯”のひとつとして登場です。テーマは“歯”。16:00までは「絶叫篇」、17:00からは演出が変わる「超絶叫篇」です。
→詳しくはこちら
東京ドームシティ

「密十号の家」に入り、悲惨な死を遂げた主人公の「ミツの呪いがかかった黒い歯を抜く」というミッションを達成しなければいけません


【2】台場怪奇学校「四つの呪い篇」
■会場 台場一丁目商店街(東京都・お台場)
■期間 通年 ※2013年3月リニューアル
■料金 800円(小学生は600円、小学生以上限定)

人を怖がらすことに命をかけている(?)コンビ「幽霊ゾンビ」によるお化け屋敷。舞台は40年前に廃校になった小学校で、この春より「四つの呪い篇」がスタート。トキオくん、みっちゃん、メイコさん、しんちゃん。浮かばれない4人の子どもの写真立てがある祭壇に御札をお供えするのがミッションです。
→詳しくはこちら
台場怪奇学校

お台場・デックス東京ビーチのシーサイドモール4階にあります


【3】貞子3D2 貞子の子
■会場 東京ジョイポリス(東京都・お台場)
■期間 通年 ※2013年7月27日(土)オープン
■料金 600円(パスポート利用可)

2013年8月30日公開の映画『貞子3D2』のシーンを体験できるウォークスルー型のホラーアトラクション。19:00以降は怖さが増すというウワサも……。東京ジョイポリス内では、ステージショーに貞子が登場したり、「D-LOUNGE」には、貞子の髪の毛そばドッグ、貞子の井戸ジュースなどの貞子メニューがあります。
→詳しくはこちら
東京ジョイポリス

カメラを持って中に入り、指示にそってスクープ写真を撮影すると……
©角川書店 ©2013「貞子3D2」製作委員会


【4】稲川淳二の4Dシアター
■会場 東京レジャーランド パレットタウン店(東京都・お台場)
■期間 2013年7月20日(土)~
■料金 800円(中学生以下は600円)

稲川淳二の怪談話を立体映像で見られます。3Dにプラス衝撃のギミックが加わり4Dで上映。
→詳しくはこちら
東京レジャーランド パレットタウン店

タイトルは「怪談映画館~三面鏡の怪~」  
©2013 WOWOW/インデックスアミューズメント


【5】稲川淳二の3Dサウンド
■会場 東京レジャーランド パレットタウン店(東京都・お台場)
■期間 2013年7月20日(土)~
■料金 300円

稲川淳二の怪談話を3Dで。耳元に聞こえてくる声がリアル過ぎてゾクッ。
→詳しくはこちら
東京レジャーランド パレットタウン店

タイトルは「怪談バスツアー~ねんねこ版~」
©2013 WOWOW/インデックスアミューズメント


【6】お化け屋敷「ヘルハウス」
■会場 東京レジャーランド パレットタウン店(東京都・お台場)
■期間 通年 ※2013年7月13日(土)リニューアル
■料金 1000円(中学生以下は800円)

洋風のお化け屋敷で根強い人気があった「ヘルハウス」がパワーアップしました。
→詳しくはこちら
東京レジャーランド パレットタウン店

歩いて進むウォークスルー型のお化け屋敷。東京レジャーランドはボウリングやゲームがあるアミューズメント施設です


【7】赤いハイヒールの女
■会場 方南町お化け屋敷オバケン(東京都・方南町)
■期間 2013年7月6日(土)~ ※指定日のみ実施で前日までにネットで要予約
■料金 800円(高校生は600円、中学生は500円、小学生は300円)

昨年夏、東京杉並の方南町に突如現れたお化け屋敷「オバケン」。営業は毎日でなく、指定日のみで予約も可能です。ウワサがウワサを呼び、恐怖度にも拍車をかけています。7月よりスタートした第2シリーズ「赤いハイヒールの女」は、交通事故で亡くなった女性の「なくなった赤いハイヒールを探してあげる」のがミッションです。「シネマオバケン」も併設しており、そちらでは短編ホラー作品を上映しています(1作品300円~)。
→詳しくはこちら
方南町お化け屋敷オバケン

ネットの「オバケンさんのブログ」にある呪文を受付時に伝えると100円割引になる「呪文割」も実施中


【8】地獄便所4
■会場 ナンジャタウン(東京都・池袋)
■期間 2013年7月11日(木)~9月30日(月)
■料金 300円(未就学児は要付添、パスポート利用可)

個室型立体音響お化け屋敷「地獄便所」が、開催中のイベント「コープスパーティー Tortured Souls in ナンジャタウン」バージョンで登場。書き下ろしのシナリオを本物の声優の声で。
→詳しくはこちら
ナンジャタウン

個室に入ってヘッドフォンをすると恐怖の声が……


【9】稲川淳二の怪談映画館-三面鏡の怪-
■会場 としまえん(東京都・練馬)
■期間 2013年7月20日(土)~9月1日(日)の毎日、9月7日(土)~10月27日(日)の土・日・祝
■料金 700円(身長120cm以上限定、1日券・プール券提示で500円)

稲川淳二の500を超える怪談の中から厳選した作品を4Dシアターで映像化。
→詳しくはこちら
としまえん

4Dでお届けするタイトルは「三面鏡の怪」
©2013 WOWOW/インデックスアミューズメント


【10】お化け屋敷 無黒屋「失鈴の音」
■会場 よみうりランド(東京都・稲城)
■期間 2013年7月13日(土)~9月1日(日)
■料金 300円(5歳未満は要付添、ワンデーパス利用可)

お化け屋敷「闇霊村」が、この夏全面リニューアルして「無黒屋(むくろや)」に。純和風の旅館をモチーフに歩行距離も約1.5倍に伸びスリルも倍増しました。お化け役のアクアターも登場します。
→詳しくはこちら
よみうりランド

誰もいるはずのない古びた旅館から「鈴の音」が聞こえて……


次ページでは、東京以外の関東と東北エリアのお化け屋敷&ホラーアトラクションを紹介します。