未だに根強い人気の道頓堀の人気キャラクター

 

 

大阪ミナミの道頓堀で長年、マスコットキャラクターとして人気をもちながら、2008年7月8日に突然姿を消した「くいだおれ太郎」は、大阪の土産の世界ではまだまだ健在です。バラエティー豊富なグッズの中で、懐かしい姿が描かれています。

かつては、飲食店が密集する道頓堀の中心で、チンドン屋の格好をした「くいだおれ太郎」が、名物の太鼓を打ち鳴らしていました。

「くいだおれ」の店名をもつ飲食店の広告宣伝用の人形として登場しながら、ひょうきんな姿が話題を呼び、「くいだおれ太郎」が立つ場所は、大阪を代表する観光スポットとなりました。「くいだおれ太郎」と一緒に記念撮影をする人がひっきりなしに訪れていました。

ところが2008年に、「わて、旅に出まんねん」の言葉を残して、姿を消したのです。それでも、「くいだおれ太郎」をモチーフとした土産物が、大量に販売されています。在りし日が偲ばれる「くいだおれ人形」をはじめ、「くいだおれ太郎」がプリントされた靴下から、キーホルダー、ストラップまで、根強い人気です。
 

 

まんまるのメガネをかけた愛嬌のある姿を眺めていると、気分がほんのりしてきます。さっきまで怒っていた人が、突然笑い出しそうです。大阪のお笑いを日本全国に届けることができます。

■くいだおれ太郎グッズ
製造:伴ピーアール
住所:大阪市北区西天満5丁目10番17号 西天満パークビル2F
電話:06-6314-3772
購入可能場所:駅や空港内などの各売店、ウェブショップ
HP:www.banpr.co.jp/sightseeing_pr.html

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。