ゴールドカードの主要サービスにはどんなものがあるか

現在、国内で発行されているゴールドカードの年会費は、カードによって大きな差があります。しかし、ゴールドカードの年会費に平均的な相場が存在しないわけではありません。目安となる金額は1万500円(消費税込み)といえるでしょう。
その理由は、カード会社が発行するプロパーカードのゴールドカードの年会費が1万500円となっていることが多いからです(プロパーカードとは、カード会社が他社と提携せず、自社で発行しているクレジットカードのことです)。

具体的には、下記のようなカードが該当します。

『三井住友VISAゴールドカード』
『JCBゴールド』
『ゴールドカード《セゾン》』

加えて、『楽天プレミアムカード』も年会費は1万500円に設定されています。そして、こうしたプロパーカードのゴールドカードが提供しているサービスを見ると、共通する項目がいくつもあります。以下、列挙してみましょう。

●海外旅行および国内旅行の傷害保険
一般カードにも旅行傷害保険が付帯するカードは多くありますが、ゴールドカードは補償額が大きく、海外および国内旅行ともに最大5000万円が相場となっているようです。また、一般カードは旅行代金の一部をカードで決済していないと保険が付帯しないことがありますが、ゴールドカードにはそうした条件はありません。これを保険の自動付帯といいます。

●空港ラウンジサービス
国内の主要な空港のラウンジが無料で使えるサービス。カードによっては、海外の空港ラウンジも無料になるものがあります。

●ショッピング保険
カードで購入した品物の破損・盗難などに対する保険です。これも一般カードに付帯していることが多いのですが、ゴールドカードは補償額が大きく、補償期間が長くなります。補償額の上限は300万円、補償期間は90日が平均的な水準でしょう。

●ゴールドカードデスク

ゴールドカード会員専用のヘルプデスクのこと。カード会社により、サービス内容はかなり変わってきますが、ホテルやレストランの予約各種チケットの手配病院の紹介といったことを、海外でも24時間対応で受け付けてくれます。

以上が、ゴールドカードの特長的なサービスとなります。こうして箇条書きにしてみると、あることに気付きませんか? 旅行したときに恩恵のあるものがほとんどなのです。つまり、ゴールドカードとは、旅行時に威力を発揮するカードといえるでしょう。旅行好きの人、あるいは、仕事で国内外を移動する人にとっては、心強い味方になってくれるのです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。