源氏物語の世界に引き込まれる! 「源氏物語ミュージアム」

 

 

「源氏物語ミュージアム」は、源氏物語の幻の写本とよばれる「大沢本」など源氏物語に関する資料の収集・保管などを行うとともに、源氏物語の世界を分かりやすく展示解説する博物館。

源氏物語に関する展示は、平安の間、架け橋、宇治の間、映像展示室、物語の間に分かれて行われます。

平安の間では、「源氏物語と王朝絵巻」の映像展示が行われ、源氏物語の魅力やあらすじを美しいハイビジョン映像で紹介。光源氏の栄華の象徴である六条院の模型も展示しています。

架け橋では、平安の都から別業の里・宇治へと、その道行きが体感できます。

平安京から鴨川を渡り、山道を越え宇治への街道を行き、宇治川を渡ると、源氏物語終焉の地・宇治へとたどり着くストーリーを紹介します。

宇治の間では「宇治十帖」の映像展示が行われます。紗幕や実物大のセットを用い空間全体を演出した、臨場感あふれる物語シアター。初めて宇治十帖に接する人にもわかりやすく、あらすじや登場人物が紹介されます。

さらに、映像展示室があり、ここでは、白石加代子と緒方直人の語りによる宇治十帖を主題とした映像「橋姫 女人たちの心の丈」を観賞することができます。

物語の間は、源氏物語の中の宇治をパネルで紹介。
「源氏物語ミュージアム」にいるだけで、源氏物語の世界に引き込まれるような錯覚を覚えます。

■源氏物語ミュージアム
住所:京都府宇治市宇治東内45-26
電話:0774-39-9300
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館)
入館料:大人500円
アクセス:www.uji-genji.jp/access/
HP:www.uji-genji.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。