空き巣の好きな家、嫌いな家とは?

家の周辺の状況によって、空き巣が好きな家、嫌いな家が分かれます。空き巣が好きな家は、家の周囲を覆うように高い塀や樹木がある家。外部からの視線をさえぎるので、空き巣が作業をしやすくなるからです。

空き巣が嫌いな家にするためには、家の周囲を見通しよくしておくことです。茂った樹木は刈り、高いブロック塀は視線が通るフェンスに交換リフォームしておきましょう。特に玄関まわりは囲い込まないように注意を。周囲から死角になっていると、じっくりピッキングをする時間を与えてしまいます。

もちろん家の中が丸見えでは困りますので、窓まわりにはカーテンやブランドなどで目隠しをしておきましょう。

人感センサー付き照明

人感センサー付きの外灯を取り付けておけば、通った瞬間に点灯するので空き巣もびっくり(コイズミ照明


夜間は外灯の有無がポイントです。周囲が明るい家は人に見られやすいので空き巣が嫌いな家です。勝手口や家の周囲には、人が通ると点灯する人感センサー式の照明器具を取り付けておきましょう。LEDなら省エネなので光熱費も気になりません。人感センサーは、今ある照明器具にも取り付けができます。

格好の空き巣の侵入口になる勝手口

注意をしたいのが勝手口です。たいてい家の裏側にあるので人目に付きにくく、鍵をこじあける作業がしやすくなります。勝手口ドアの周辺は見通しよくしておき、防犯性能の高い鍵を取り付けておきましょう。

勝手口はつい気を抜きがちですが、玄関より見通しが悪い分、空き巣に狙われやすいことを知っておきましょう。ガラス入りの勝手口の場合は、割られて手を入れて鍵を開けられないよう、防犯ガラスや面格子で対策しておくことも肝心です。

勝手口の空巣対策

勝手口まわりは見通しよくしておく。隠れる場所や作業しやすい環境は作らない。


家の周囲に潜む足場、物置や道路もチェック

窓や玄関以外にも、家の周囲には危険が潜んでいることがあります。まずは我が家の庭をチェック。庭に脚立が置き放しになっている家を見かけることがありますが、これは空き巣に足場を用意しておくようなものです。物置に片付けて、きちんと施錠をしておきましょう。

意外なところでは、電柱にもチェックが必要です。電柱に足場ボルトと呼ばれる階段状のステップが付いたままになっていると、そこを足掛かりに2階から侵入されてしまうことがあります。家の近くに足場ボルトが付いた電柱がある場合は、電力会社に依頼をすれば取り外して貰えることが多いので、問い合わせをしてみて下さい。

電柱の足場ボルト

電柱に付いている足場ボルトが侵入への足場になることもあるので注意。


また空き巣は音を嫌うので、敷地内に忍び込んできた時に足音がするよう外周に防犯用の玉砂利を敷くのも、空き巣対策に効果があります。スキを見せず、空き巣に徹底的に嫌われる家にしておきましょう。

ホームセキュリティで防犯対策、その費用は?

ホームセキュリティシステムとは、民間の警備会社と契約、ドアや窓にセンサー、防犯カメラ、警報装置などを取り付け、非常時に警備員が駆けつけてくれるシステムです。

ホームセキュリティ

不自然に窓があいたり侵入者があれば、一定時間内に警備員が駆けつけてくれる。


警備シールや照明灯、監視カメラなどでアピールしますので、それだけでも空き巣が嫌う家になります。費用は会社によって異なり、機器のレンタルプランや買い取りプランなど、予算に合わせて選ぶことができます。

例えば大手警備会社のALSOKなら、一戸建て住宅4LDKの要所にセンサーを配置するプランで、機器レンタルの場合は工事費用53,000円、月額警備料金6,870円、機器買い取りの場合は工事費用53,000円・機器費用194,600円・月額警備料金3,500円です。(費用は全て税別)

リフォームしたら家が豪華に見えるようになったせいか空き巣に入られた、というケースもあります。費用は掛かりますが、安心のためにこのようなシステムを利用するのもいいでしょう。

またカメラ付きインターホンも、空き巣対策に効果があります。設置工事はとても簡単で、今インターホンが付いていれば、配線はそのまま機器の交換だけで取り付け可能です。リフォームの詳細は下記でご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
空き巣に入られてみて、夜に安心して眠れるありがたさが初めてわかった、と言った人がいました。住まいの防犯は、被害にあう前に対策しておくことが肝心です。この記事をご覧になった皆様、これを機会にぜひ我が家の防犯について見直してみて下さい。

リフォームの現場で出会った空き巣被害の実態については下記でご紹介しています。
【関連記事】


Copyright(c)2017 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。