大人の女性たちが楽しめる新エリア『サンリオタウン』

レディキティハウス

セレブなキティちゃんのお屋敷『レディキティハウス』がお目見え!

京王線・小田急線・多摩モノレールの多摩センター駅から歩いて5分。東京ドームとほぼ同じ面積を持つテーマーパーク『サンリオピューロランド』は1990年の開園以来、サンリオキャラクターのショーやミュージカルを楽しめる場として、ファミリー層の人気を集めてきました。しかし2013年7月20日(土)、サンリオキャラクターとともに育ってきた大人の女性たちも楽しめる場となるよう、開園以来初となる大規模リニューアルを実施。パークの1/10を占めるエリアに、ハローキティ、マイメロディ、リトルツインスターズなどの世界を体感できる新たなエリア『サンリオタウン』をオープンさせ、よりパワーアップすることとなりました。

サンリオタウンは4つのアトラクションと1カ所のレストランで構成。「大人が楽しむ」という視点で、詳細をご紹介します


キティちゃんがセレブになった! 
『レディキティハウス』

ピアノ部屋

最初のお部屋は『ピアノラホール』。特別な日にはレディキティがピアノを披露することもあるそう!

日本のみならず世界中で人気のハローキティ。しかしここサンリオピューロランドでしか会えない新しいキティちゃんがいます。その名は『レディキティ』。

キティちゃんの何代も前のおばあさん、ローズ・ホワイトは女王に仕えるフローリストで、不思議なバラを開発したご褒美に、女王から豪華な屋敷をプレゼントされていました。そのお屋敷をキティちゃんが受け継ぎ、自分仕様に大改造。セレブの“レディキティ”となって、私たちゲストを迎えてくれるのです。

【大人的注目ポイント】
ベッドルーム

レディキティのベッドルームはお菓子でいっぱい!ベッドサイドにはなんと……

ドレスタワーの映像

くるっと回ってみても映像ではドレスが離れません

ピアノやバルコニー、ティーカップのバスタブなど、レディキティらしい「Kawaii×セレブリティ」溢れる邸宅には、大人もうなる仕掛けがいっぱい。例えば鏡の前に立つとレディキティとお揃いのドレスを試着している映像が写る『ドレスタワー』では、鏡の前で色々ポーズをとってもドレスがちゃんと体を追いかけてくるという高性能な映像を楽しめます。

レディキティのベットルーム『スイーツベッドルーム』はケーキに囲まれたベッドルーム。横になると天井に設置されたモニターに、ケーキに囲まれた自分の姿が映し出されます。ベットサイドのマカロンのケーキは、なんとあの『ピエール・エルメ・パリ』の製作!(夏休み限定で展示)さすがセレブなキティちゃん、本物志向です。

お茶室

セレブなキティちゃんはお茶もたしなみます

世界を股にかけて活躍するレディキティの邸宅にはお茶室も完備。キティちゃんが読む百人一首や、ぶんぶく茶釜のようなたぬきの茶釜、ししおどしまで、茶目っ気のあるキティ流和のおもてなしが拝見できます。

最後の部屋は、沢山の取材を受けるレディキティのスタジオ。うまくいけば休憩中のキティちゃんと記念写真が撮れます。レディキティに写真のお礼を言って部屋の外に出れば、目の前のフォトカウンターにて約20秒で写真が完成! ピューロランドでしか会えないレディキティとの思い出に購入してはいかがでしょう。(1枚1000円)

次のページでは、マイメロディ、キキ&ララのアトラクションをチェック!