こどもだって、表現を学ぶ。

フラワーエデュundefinedアレンジ例1

食器にパンに野菜……。身近な材料で、花を楽しむ

現代の日本は、未曾有の「自己表現」の時代。メディアやインターネットで、街で、教室で、友だちの輪の中で。「わたしはこう思う」「あなたの気持ちに共感します」「わたしはこれが好き」「自分はこういう人間です」と、ぼく・わたしを表現することばや画(え)があふれています。

表現することとは、伝えること。生きるのに大切なちからだからこそ、こどものころにたくさん見て、きいて、さわって、かいで、感じておきたい。栄養をたっぷり吸い込んで、やがて大きく育ち、咲くのです。そう、花とおなじ。

花に学ぶ。
花を教える。

フラワーエデュundefinedアレンジ例4

二粒のチョコレートにこころを込めて

買った花を花びんに生けて枯れたら捨てるような、そんな付き合い方とは違う、花との関係を始めませんか。そのきっかけとなる場所が、恵比寿に誕生しました。子供たちに花を通して教育的な意識をしてもらえるような「花育」(フラワーエデュケーデョン)の教室。そして同時に「花育」を教えることができる指導者 フラワーエデュインストラクターの養成講座も同時開校されます。

 

フラワーエデュとは「花育」

熊谷珠樹さん

日本フラワーエデュ協会代表 熊谷珠樹さん

「『花を生けること』を教えるのではなくて、『花』を教えたいんです」と、日本フラワーエデュ協会代表、熊谷珠樹さんは言います。

花だけではなく、野菜も、果物も、すべてはみずみずしく美しく生きている。お鍋やざる、日常のキッチンにあるような仲間でさえまた、花に寄り添ったときに格別の舞台となる。暮らしの中で美しいものを取り上げ、それを通してこどもたちに「こころとは何か」「表現するとは何か」を教えたいのだ、と。

 


フラワーエデュ協会undefined熊谷さんundefined受賞楯

代表・熊谷さんはフランスのフラワーコンクールで優勝した実力の持ち主

単身渡仏、フラワーデザインを学び、フランス国立園芸協会検定(DAFA)取得ののち、パリ市開催アートフローラル インターナショナルコンクールにて1位獲得という快挙も成し遂げた熊谷さん。ひとりで異国に生きる彼女を支え助けたのは、「表現」だったそうです。たとえば不慣れな異国のことばであっても、そこに花を添えるだけで、あふれるような感謝を表現し伝えることができた。そんな忘れられない経験の輝きが、熊谷さんの「花の仕事」をひとすじ貫いています。

子どものこころに丈夫な「根」を。そして、あなたにも。

フラワーエデュundefinedアレンジ例5

四季の花を、さまざまに楽しむ

フラワーエデュの教室も、インストラクター養成講座も、ともに花や芸術のプロたちが全面的にバックアップ。花材はTVドラマやCMのフラワープロデュースを手がける「グランブルー」の提供で。また、銀座 柳画廊の協力を得て本物のアートを見てもらい、そこからインスパイアされ導かれる何かを自由に表現する日も。その経験から、こどもたちは自分の中に「根」を持ち、ぐんぐんと葉を伸ばし、花を咲かせるでしょう。

インストラクターは、その「根っこを育てる温室」となる人材。託児付のクラスがあるので、産休、育休を有効につかって資格取得が可能です。取得後は、自宅での教室開催や、保育園・幼稚園や小学校への講師としての派遣など、キャリアの道も拓けます。

プロたちが本気で取り組む、「花」の教育。こどもたちが、丈夫な「根」をこころの中に持って育てるように、あなたも参加してみませんか。

日本フラワーエデュ協会




■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。