まるでお城!? 台北で絢爛豪華なホテルにステイ

グランドフロアーに設置された劇場風ロビー。等身大の馬の置物がゲストを出迎えてくれます

グランドフロアーに設置された劇場風ロビー。等身大の馬の置物がゲストを出迎えてくれます。ちなみに馬は旅の象徴。観光都市「台北」の中心にあるホテルらしい演出です

こちらがホテルの入口。すぐ隣にショッピングモール「Qスクエア」の入口もあります

こちらがホテルの入口。すぐ隣にショッピングモール「Qスクエア」の入口もあります
 

台湾でホテルや観光業を営んでいる、ル・ホテルグループ所属のホテル「PALAIS de CHINE」(パレ・デ・シン)はファシリティの完成度の高さ、ラグジュアリーさ、ホスピタリティの高さが評判のファイブスターホテル。アンティーク収集家でもあるオーナーのコレクションを始め、ヨーロッパから取り寄せた絨毯や家具など、とにかく豪華なインテリアは必見!中でもエグゼクティブルームのゲストだけが利用できる「ル・サロン」には、珠玉のアンティークコレクションが展示されており、まさに豪華絢爛。写真撮影が禁止されているため、ご紹介できないのが残念です。

さてこちらのホテル、場所は鉄道、バス、地下鉄といった交通機関が集約する台北駅から徒歩2分。ホテルの隣には「Qスクエア」という大型複合モールもあり、ショッピングに、観光に、とにかく便利。宿泊せずとも、雰囲気の良いレストランやバーを探している時にはぜひ思い出してくださいね。


 
レセプションは、宮殿をイメージした薄暗い照明とゴージャスなインテリアが厳かな雰囲気を演出

レセプションは、宮殿をイメージした薄暗い照明とゴージャスなインテリアが厳かな雰囲気を演出

ホテルに着いたらまず6階のレセプションへ。古城をイメージしたのか、切り出しの岩壁となっており、照明も暗め。家具・装飾のサイズを大ぶりにすることで、ゲストに大きな建物の中にいるような錯覚を起こさせます。同じフロアーにはメインダイニング「La Rotisserie」とバルコニーバー「Le Bar」がある為、ランチタイムとディナータイムには宿泊以外のゲストも行き交っており、賑やか。

 

客室はヨーロピアンシノワなインテリアが素敵

エレガントシックなインテリアの客室。外の廊下の床にも厚手の絨毯を敷き詰めており、客室フロア全体がひっそりと静か

エレガントシックなインテリアの客室。外の廊下の床にも厚手の絨毯を敷き詰めており、客室フロア全体がひっそりと静か

必要な機能がコンパクトにまとまった洗面台

必要な機能がコンパクトにまとまった洗面台
 

 

客室のメインカテゴリーはスーペリア(30平方m)とデラックス(37平方m)。いずれもヨーロピアンクラシックにシノワ(中華風)テイストを効かせた素敵なインテリアです。フルオーダーメイドの家具に高級素材のファブリック……かなりお金を掛けている感じですが、嫌味がなく、上品な雰囲気を醸し出しています。また、室内にカーテンで仕切られた丸いバスタブが配されているのも珍しい光景。こういう「非日常」の演出ってゲストをワクワクさせてくれます。

 

大きめサイズの円形バスタブ。カーテンの仕切りが付いています

大きめサイズの円形バスタブ。カーテンの仕切りが付いています

ところで、こちらの会社はブランド名に「品」という字を入れるというこだわりがあるのですが(このホテルの名前も漢字で君品酒店です)、それを雲の絵とミックスさせたモチーフがどこかに隠れているので、ご滞在の際はぜひ探してみてくださいね。

スーペリアのひとつ上のカテゴリー、デラックスルームには、バスタブとは別にシャワーブースが付いています。また、全室にリモコンひとつでテレビ、エアコン、照明の調整が可能な「eバトラー」システムが備わっています。

 
お持ち帰り決定のバスアメニティーグッズたち

お持ち帰り決定のバスアメニティーグッズたち 

乙女心をくすぐるエレガントな客室ですが、中でも私の心を掴んだのがアメニティーグッズです。例えばバスアメニティーのボトル! シノワなデザインのボトルに白いボディミルクやパープルのボディーソープ(必ずしもパープルでは無いそうですが)が入っています。固形石鹸にもドラゴンの絵が彫られていました。

 
乙女心をくすぐるティーカップ。あえて紅茶ではなく烏龍茶を楽しみましょう

乙女心をくすぐるティーカップ。あえて紅茶ではなく烏龍茶を楽しみましょう

また、ミニバーに併設された食器棚の中には、フランスのアンティークデザインのカップが。無料サービスのオリジナルウーロン茶(ティーバッグ)も真っ赤なパッケージでしかも美味しかったです。そういったディテールへのこだわりもホテルの高評価に繋がっているのでしょう。