ただの都市伝説が殺人事件に「還らずの病棟」

 

 

 

 

 

 

空いた時間にゾクゾクした怖い体験をしたいなら、この戦慄ホラーアドベンチャー「還らずの病棟」をおすすめします。おすすめの理由は、還らず病棟で次々と起こる惨劇、選択方式でさくさくプレイです。

還らず病棟で次々と起こる惨劇

インターネットを中心に都市伝説として広がっていた恐怖の噂。それが一度入ると二度と戻れなくなるという「還らずの病棟」です。ルポライターの朱津川 國彦と編集長の妹、鞘谷 鞘谷雪香はこの噂の真相を探るべく、この病棟に深夜訪れたのですが、そこにいたのは大学のサークル「廃墟同好会」のメンバーでした。

このサークルメンバーと一緒に病院内を探索することになったのですが、同好会のメンバーが次々と行方不明となっていきます。そして、行方不明のメンバーの1人が首なし死体が発見されたことで、還らず病棟の惨劇が幕を開けます。

やはり、何らかの霊の仕業なのか。行方不明になったサークルのメンバーは助かるのか。ルポライター、朱津川 國彦が解き明かします。

選択方式でさくさくプレイ

最初はただのアドベンチャー形式なのですが、病棟に入ると様々な場所を調べることが可能となります。同行者に話を聞くことや、事件のヒントがもらえます。行動するときはマップで行きたい場所をタッチするだけで移動します。シンプルな操作なので覚えることは少なく、選択肢もそれほど多くありません。

ただ、深夜の病棟を探索するだけでかなり怖いので、心臓が弱い方は注意したほうがいいでしょう。恐怖描写も結構多いので、一人でプレイするときはくれぐれも注意してください。

■還らずの病棟
メーカー:althi Inc.
価格:450円
公式サイト:https://itunes.apple.com/jp/app/hairazuno-bing-dong/id366599379?mt=8

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。