仲良い部員同士で殺人ゲーム「トガビトノセンリツ」

 

 

 

 

 

 

私立志加田第三高校・管弦部のいつもの合宿で、山でキャンプをしようとしていた11人が、突然、防具服を着た者たちに拉致監禁されて、殺人ゲームを無理強いされるのが、この「トガビトノセンリツ」です。おすすめの理由は、いつ誰かに殺されてもおかしくない恐怖の物語、11人の過去です。

いつ誰かに殺されてもおかしくない恐怖の物語

夜で知り合った小さな女の子、くるみ以外は全員、顔見知り同士。しかも、駅での待ち合わせ会話は非常に仲が良い印象でした。ところが、防護服の男に浚われてから、理不尽な殺人ゲームをすることになれば、そんな仲がよかった印象が一瞬にして吹き飛びます。

最初の犠牲者は管弦部の顧問です。ゲームを真剣に行わせるための公開処刑と位置づけで無残にも殺されてしまいます。ここから、世にもおぞましい「プリズナーゲーム」が始まります。しかも、このゲームはちょっとした選択肢の間違いですぐに殺されてしまいます。

どうして殺されることになるのか。何でこの選択肢なら生きているのかといった疑問は、ゲームクリア後しかわからないことも多いのですが、とにかく誰もが生き延びるために必死にプリズナーゲームへ参加します。

11人の過去

ゲームを進めてからわかってくることですが、合宿のメンバー11人、それぞれに何らかの重大な過去があります。そして、その過去が実はこのプリズナーゲームにおける殺人の衝動性を増幅させています。

普段、仲の良い友人たちが突然、殺人鬼に変わってしまうほどの過去は必見です。しかし、逆に言えば、それを一緒に乗り越えることが出来たら、彼ら、彼女らは主人公の心強いパートナーとなってくれます。

一人だけ脱出してもハッピーエンドにはなりません。最高のエンディングを目指す条件は彼ら、彼女らの過去や殺人の動機を知ることが第一歩です。そして、このゲームが行われた本当の理由が明らかとなりますので、最後までプレイして完全なエンディングにたどり着いて下さい。。

■トガビトノセンリツ
メーカー:Kotobuki Solution Co., Ltd.
価格:1話夜まで無料。本編は500円
公式サイト:https://itunes.apple.com/jp/app/adv-togabitonosenritsu/id556770899?mt=8

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。