いつまでもかっこ良く!

やっぱり自分の父親や旦那さんには、「ちょいワルおやじ」じゃないですけど、いつまでもかっこ良くいてほしいですよね。

ということで今回は、父の日のギフトに、あなたが手作りする「シルバーリング」のご提案です。

ぜひ、アートクレイシルバーで、世界に一つしかない、こだわりの銀の贈り物作りに挑戦してみてください。


幅が広めのメンズリング。はたしてその作り方は?

幅が広めのメンズリング。はたしてその作り方は?



シルバーリングの作り方

1.
シリコンゴムの柔らかい型です。

シリコンゴムの柔らかい型です。

これは透明のゴム型。アートクレイオリジナルのリング用モールドです。
勘の鋭い方は、もうお分かりですか?
そう、この型にアートクレイシルバー(以下銀粘土)を詰めて形を作ります。






2.
綿棒などを使って、油が型に溜まらない程度に。

綿棒などを使って、油が型に溜まらない程度に。

まず、予め型の中に食用油を薄く塗ります、銀粘土を型から外しやすくするためです。









3.
使用する銀粘土は10~15g位。

使用する銀粘土は10~15g位。

型に入れやすくするために、銀粘土を細長くのばします。









4.
銀粘土が型の隅々にまで入るよう、念入りに詰めます。

銀粘土が型の隅々にまで入るよう、念入りに詰めます。

型に詰めます。透明の型なので、裏側から見ると、銀粘土の入り具合が確認できます。









5.
すり切った面が、リングの内側になります。

すり切った面が、リングの内側になります。

ヘラなど(ここではスパチュラ)を使用して、余分な銀粘土をすり切ります。銀粘土が乾燥しないように、少しずつ水を付けながら作業しています。







6.
こうしておくと、木芯棒の周りにくっつきやすくなります。

こうしておくと、木芯棒の周りにくっつきやすくなります。

型から丁寧に銀粘土を取り外し、リングの内側になる面に水をなで付けます。









7.
焼成後の収縮を見越して、完成サイズより4号大きいサイズで制作しています。

焼成後の収縮を見越して、完成サイズより4号大きいサイズで制作しています。

木芯棒に付箋紙を巻き、その周りに取り外した銀粘土を巻いていきます。










8.
余分な銀粘土はカッターなどで取り除きます。

余分な銀粘土はカッターなどで取り除きます。

つなぎ目は銀粘土に水を多めに馴染ませて接着させます。









9.
力を入れすぎて作品を割らないように注意。

力を入れすぎて作品を割らないように注意。

完全に乾燥させ、スポンジ研磨材(#320~#600)で表面を削り、滑らかに整えます。目の細かい金属の棒ヤスリなどを使用しても良いです。







【ワンポイント!】
ヒビがある場合は、銀粘土に水を加えたペースト状のもので埋め、再度乾燥させてください。
焼成前の仕上がりが、作品の完成度を決めます。納得がいくまで、手間暇を掛けることが大切です。



10.
写真の鏡面仕上げの他に、いぶし仕上げなどもあります。

写真の鏡面仕上げの他に、いぶし仕上げなどもあります。

ガスコンロや電気炉で焼成し、最後の工程が「仕上げ」です。ステンレスブラシで全体を研磨した後、磨きヘラでさらに光沢を出して完成です。







この作品は、アートクレイシルバースターターセットと、今回ご紹介したリングモールドがあれば制作することができます。
作品のボリュームに応じて、銀粘土は準備してください。

リングモールドには他にもデザインがあります。お好きなものをお選びください。

リングモールドには他にもデザインがあります。お好きなものをお選びください。



なお、父の日ギフトは「義理のお父さん」にもおすすめです。本物のシルバーで、好印象間違いなしだと思います。

キットなどをご購入されてご自宅で制作するも良し、もし、誰かに教わりながら作ってみたいという方は、全国にアートクレイシルバーの教室があります。

1日講習も開催されていますので、気軽に参加できると思いますよ。


【関連サイト】
全国の教室情報はこちら
銀粘土アートクレイシルバー公式サイト http://www.artclay.co.jp/

楽習フォーラム 「アートクレイシルバー




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。