世界遺産にも登録される富士山。これまでも日本のシンボルとしてこれからは世界中からさらに注目を浴びることは間違いありません。

富士山の撮影ポイントはたくさんありますが、気軽に旅の途中に撮りやすい場所としてお勧めしたいのが飛行機内からの風景。飛行機からだからこそ撮れる富士山の撮影にトライしてみませんか。

富士山側の座席を確保するのが前提

機内から富士山を撮影するには、富士山脇を通るルートの航路にて富士山が見える側の座席を予約することがまず前提です。

富士山撮影

富士山を撮影するには、富士山が見える側の窓側の座席予約が必要。飛行ルートに合わせて事前にチェックして予約したい。


 

富士山側の座席を確保するには、予約時にみえる方向の窓側の席を予約します。自分が搭乗する飛行機のどちら側に富士山が見えるかが分からない場合、航空会社によっては、路線ごとに機窓から見える風景を紹介しているところもあります。富士山の近くを通るルートであれば左右どちらに見えるかを知ることが出来ます。

例えばANAの場合はインターネットの座席指定画面に「空から見える景色のご案内」というリンク先があり、そのページに移動するとルートごとの主だった風景を教えてくれます。

また窓側の座席を指定したつもりでも実際に座ってみると窓枠がなく壁しかないというシートもあります。インターネットの座席予約では、窓がないという表示をされている場合もあります。直接カウンターで座席指定する場合も窓枠がある座席か確認するとよいでしょう。

ただ、富士山が見える側の窓側座席を取っておいても当日の天候状況などにより飛行ルートが変更され、見えるはずの富士山が見えなかったという事態があることも。また曇りの日も雲に遮られて富士山が見られないということもよくあります。天候には左右されやすいということは理解しておきたいところです。

富士山が見える側の一例として羽田空港から伊丹空港を飛ぶルートの場合、横浜上空を超えて相模湾に入ってから右側に富士山が見えてきます。反対に伊丹空港からのルートでは、浜松あたりから左手に富士山が見えてきます。
富士山撮影

羽田から伊丹に向かう航路では、右側に富士山が見えてくる。

 

富士山撮影

伊丹から羽田の航路では左手に富士山が表れる。



さて、富士山が見える座席を確保できたら撮影していきましょう!

次のページで機窓からの富士山撮影にトライしていきます!