老後に必要なお金はズバリ8000万円!

山田真哉先生の新作『問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい』会計から、家計のやりくり、投資までお金のことがやさしく学べる。

山田真哉先生の最新著書。会計から、家計のやりくり、投資まで、お金のことがやさしく学べます

――前回は、パーソナル・ファイナンスいわゆる家計管理術についてのお話でした。今回は、老後資金をいつまでにいくら貯めるか、そのために何をするかというお話です。

山田:よろしくお願いいたします。

――老後は心配だけど、何をしていいのかわからず、何もしていないという人多いですよ。恐怖のあまり、脳がフリーズ状態ですね。

山田:まあ人間、嫌なことは、見て見ぬふりをしたくなりますからね。

――ご著書『問題です。2000円の弁当を3秒で「安い!」と思わせなさい』でズバリ!老後は8000万円必要だと書いていらっしゃいますね。

山田真哉先生のオフィスにて。

山田真哉先生のオフィスにて

山田:講演会などに行くと、老後に関する質問が必ず出るんです。そこで、老後までにいくら貯めておけば安心できるのか、計算してみました。まず、老後の生活費を考えます。夫婦2人で、毎月30万円必要だとします。

――「歳をとったら、お金は使わないでしょう」と言う人が多いのですが、実は50代後半と、退職した60代前半ではほとんど生活費は変わりません。ひょっとしたら、30万円では少ないかもしれませんね。

山田:最低でもない、ゆとりある生活でもない、真ん中くらいをとって30万円としました。老後20年で7200万円です。そこにリフォーム代などを足して8000万円というイメージです。

――8000万円と聞くと、「ムリ!」と言いたくなりますが、老齢年金がありますから、全額は準備しなくてもいいお金ですよね。

山田:そうです。会社員と専業主婦のカップルなら、厚生年金と国民年金がもらえるので、自分たちで準備するお金は2000万円くらいです。

――ぐっと現実的な数字になって来ました。私も拙著『そろそろ「お金のこと真剣に考えなきゃ」と思ったら読む本』の中で、老後必要なお金はおよそ2800万円。それを30代から運用し、老後も運用しながら使っていけば、実質1800万円くらい貯めればいいというお話をしています。

老後に必要なお金は一体どうやって用意する?お金を貯める「ゴールデンタイム」とは?次ページで語ります。