自宅で見ていたウェブページをスマートフォンを使って検索しなおしたり、長いアドレスを入力するのにイライラさせられたことはありませんか? 又は自宅で見つけた仕事に使えるウェブサイトのアドレスがどうしても仕事場で思い出せなかったりということもあるかもしれません。そういう時に便利なのが、Firefoxの同期機能です。この機能を使うと複数のパソコンどうし又はパソコンとAndroid搭載のスマートフォンの間でブックマーク、パスワード、閲覧履歴、そして開いているタブを同期させることができます。

では、Firefoxの同期設定をしてみましょう。
 

同期アカウントの作成

1つめのパソコン(パソコン1)でFirefoxを立ち上げ、ブラウザ左上のオレンジ色のFirefoxメニューボタンから「Syncをセットアップ...」を選択します。Firefox Syncのセットアップウィンドウが開くので、新しいアカウントを作成を選択します。

 
set up sync

同期のセットアップ



アカウントの詳細の入力に移ります。メールアドレス、パスワードを入力し、サーバーは既定のままにし、利用規約とプライバシーポリシーにチェックを入れます。その下にあるボックスには2つの単語又は文字列が表示されるので、それを見たままに2つの単語の間にはスペースを入れて入力します。写真の例ではfewdone teachingと入力しました。

ちなみに、この技術はコンピュータがアカウントを自動作成するのを防ぐのと、古い書物をデジタル化するのに利用されています。
 
account creation

アカウント作成



入力終了後、次へ進むと「セットアップが完了しました」と表示されるので、セットアップウィンドウを閉じます。これで、アカウントが作成されたので、次は2つ目のパソコン(パソコン2)又はスマートフォンと同期の設定をします。
 

他の端末と同期

パソコン2でFirefoxを立ち上げ、パソコン1と同様にブラウザ左上のオレンジ色のFirefoxメニューボタンから「Syncをセットアップ...」を選択します。Firefox Syncのセットアップウィンドウが開くので、今度は「アカウントを持っています」を選択します。端末と連携するためのコードが表示されるので、このコードをパソコン1に入力します。
 
pair device code

端末連携コード



パソコン1でブラウザ左上のオレンジ色のFirefoxメニューボタンから「オプション」を選択します。

 
open sync option

同期オプションを開く




オプションウィンドウが開くので、「Sync」タブを選択し、同期したいデータ(ブックマークその他)のチェックボックスにチェックを入れます。同期するデータを選んだら、「端末と連携」の青いリンクを選択します。
sync option

同期オプション



端末と連携するためのコードを入力する画面が表示されるので、パソコン2に表示されたコードをここに入力します。

 
input pair device code

端末連携コードの入力




入力後、次へ進むと「端末が表示されました」と表示されるので、完了ボタンを押して同期のセットアップ完了です。同期したい端末を追加するには「他の端末と同期」の過程を繰り返してください。

*スマートフォンに関してはメインメニューからその他>設定>Firefox Syncで同期を選択すると、パソコンと同様に端末と連携するためのコードが表示されます。