ますます普及する電子マネー、おトクに使えてますか?

通勤・通学、ショッピングなど、電子マネーが活躍する場が増えてきました。これらの電子マネーの普及で、小額貨幣の発行枚数が減っています(※1)。日本経済新聞社によると、プリペイド式電子マネー6社(WAON、nanaco、Suica、Edy、PASMO、ICOCA)の2011年度決済総額が、2010年度比3割増の2兆1000億円程度になったそうです(※2)。

こんなに普及している電子マネーですが、便利に活用していても、おトクに活用できている人は少ないのではないでしょうか。電子マネーのおさらいから、電子マネーをおトクに活用する方法までを紹介します。

そもそも電子マネーって何?

電子マネーとは現金に代わって電子的なデータによって決済するためのもので、有名なものとしてはSuicaや楽天Edy、nanaco、WAONなどがあります。まずは、電子マネーの特徴をおさらいしましょう。

■メリット
  • 小銭の授受がないため、決済スピードが早い
  • ポイントが貯まる
  • 常にサインレスで決済できる
  • 交通系の電子マネーの場合は、事前に切符を購入する手間が省ける
■デメリット
  • 発行手数料等がかかることがある
  • 利用できる場所と利用できない場所がある
  • 残高が確認しにくい
  • 限度額が設定されている場合があるため、高額商品購入には向かない

電子マネーは2つのタイプにわけられます。詳しくは次ページで>>>