日本各地の人気ブランドと絶対おすすめ雑貨が集まる「月市」 

日本の伝統技術を今の暮らしに合わせて提案するブランドが軒を連ね、商店街のように多彩な商品が楽しめる「中川政七商店街」には、日常的なシーンを美しく作ってくれそうなアイテムが多数並んでいます。

中川政七商店街ミッドタウン店で日本のいいもの再発見

東京ミッドタウンの「中川政七商店街」には壁がなく、開放的。国内各地の人気ブランドのほか、中川政七商店、2&9(くつしたブランド)、motta(ハンカチブランド)の3ブランドが登場


たとえば、長崎県の陶器メーカー馬場商店の超人気アイテム「HASAMI」のマグカップ。これからの定番を作り出すという大きな目的を掲げた「THE」のグラス。このほかには、ふきん、食器、包丁などのキッチン雑貨、ストールなどの服飾小物、さらに、酒類、もなか、飴など日本各地の美味しいアイテムなど。

中川政七商店街ミッドタウン店で日本のいいもの再発見

HASAMIのスタッキングできて収納場所に困らないマグカップ(1575円)をはじめ、日本各地の素敵なアイテムが並ぶ「月市」では、定期的にアイテムの入れ替えがあります。通うのが楽しみ!「THE」のグラスは、電子レンジや食器洗い機でも使えるスタンダードなデザイン。SHORT 1,029円(240ml)、TALL 1,239円(350ml)、GRANDE 1,449円(470ml)


とはいえ、ショップのスペースには限りがあるので、月ごとに登場するブランドが異なる「月市」を開催し、これまで私たちが知らなかった日本のいいものを、たくさん紹介してくれる予定ということです。お店に通うのが楽しくなる仕掛けですね。見逃しが無いように、定期的にチェックするのがおすすめです。

次のページでは、「中川政七商店街」で取り扱う定番の3ブランドを紹介します。