アメリカの美少女コンテストが教えてくれること

子どものチャレンジ、親は黒子になって

子どものチャレンジ、親は黒子になって

記事「自尊心の落とし穴にご注意!」では、自尊心が持つ裏の顔についてご紹介しました。その記事の主人公は「ママ自身」でしたが、この記事では、子どもにスポットライトを当てます。

まずご紹介したいのが、アメリカでの「美少女コンテスト」をテーマにした研究についてです。そこでは、子どもがコンテストで優勝する、選ばれる、賞金を得るなどの成功をすることで、親本人が達成感を得ることの危険性が示唆されていました。これを心理学では「代理達成」と言います。

子どもの成功で親が達成感を得る「代理達成」が習慣になると、様々な問題が出てきます。
  • 親は自分の達成感の拠り所を子どもに依存するようになる
  • 達成のために、大人の考えを子どもに強く課すようになる
  • それにより、子どもが本来得られるはずの純粋な喜びが抑えられてしまう
  • 親自身のニーズと子どものニーズを区別できなくなる
  • 子どもは親が喜ぶ結果を出すことが目的となってしまう
  • 激しい競走を通じ、「結果が全て」という見方を子どもに植えつけてしまう
我が子の成功は自分事のように感じられるのが親というもの。でも、行き過ぎはNGで、きちんとした線引きが必要なのですね。親が良かれと思ってやっていることが、逆に、子どもの個性をつぶしてしまうのはとてももったいないこと。嬉しく感じつつも、親は前面に出るのではなく、あくまで黒子になってあげるのが大切です。

次ページでは、この研究が示唆するもう1つの問題点についてです。


*出典:アメリカの学術誌 Journal of the American Academy of Child and Adolescent Psychiatry (2012) 「Princess by Proxy: What Child Beauty Pageants Teach Girls About Self-Worth and What We Can Do About It」より