日本RPGの頂点に立つ名作「クロノ・トリガー」

 

 

クロノ・トリガーが発売されたのは1995年で、今から18年ほど前になります。今作は日本のRPGの頂点に立つ名作です。アプリ版はDS版に準拠しています。おすすめの理由は、今でも伝説と語り継がれる堀井雄二、坂口博伸、鳥山明という三人が製作に関わっていることや、時空を超える冒険やマルチエンディングです。

伝説の三人

ドラゴンクエストシリーズの生みの親である「堀井雄二」、ファイナルファンタジーシリーズの生みの親「坂口博信」、ドラゴンボール、ドラゴンクエストのキャラやモンスターデザイナーである「鳥山明」という現代でも伝説として語り継がれるほどの三人が関わったゲームだからです。

実際、ストーリープランが加藤正人、音楽が植松伸夫といったようにゲームの黄金世代を造り上げた人々が多数参加している超巨大プロジェクトでした。当時、スクウェアとエニックスが合併するなどまったく考えられていない時代でした。

時空を超える冒険

クロノ・トリガーを日本語に直すと「時の引き金」となります。この秀逸なタイトルが指すように今作は時空を超える冒険をします。

主人公「クロノ」は現代にいたのですが、あるときはタイムマシンの暴走によって過去に飛ばされてしまいます。それから未来に行き、その荒廃した世界が「ラヴォス」によって人類が滅亡している世界と知ります。クロノたちは、ラヴォスが出現した理由を探り、未来を救うために時空を超える大冒険へと旅立つのです。

マルチエンディング

いまではマルチエンディングはそう珍しくないのですが、今作はラヴォスを倒すタイミングによってエンディングがいくつもあります。クリアすると、強くてニューゲームからはじめることが出来て、最初からラヴォスを倒すことだって可能です。色々なエンディングを見ることで、思わぬ裏設定を知ることが出来たりします。

アプリ版にはDSの追加要素も収録

アプリ版には、スーパーファミコン版にはなかったDS版の追加要素が収録されています。ダンジョン、アイテム、ボスといったものも追加されているのが嬉しいです。

■クロノ・トリガー
価格:1200円
メーカー:スクウェア・エニックス
公式サイト:https://itunes.apple.com/jp/app/id479428095?mt=8

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。