様々なジョブにチェンジ「ファイナルファンタジー3」

 

 

 

 

ファミコンでは最後のファイナルファンタジーシリーズとなったのが「ファイナルファンタジー3.」です。今作が発売されたのは1990年で今から23年前。それからリメイクされたのが2006年のDS版のみです。iPhoneアプリ版はこのDS版に準拠しています。おすすめの理由はファミコン版の面白さをそのままに改良されたゲーム性です。

具体的には、難易度はほとんどそのままに、キャラクターにストーリーや背景が追加されたことや、ジョブチェンジシステムの改良、そして隠しボス、隠しアイテムなどです。

キャラクターにストーリー追加

実はファミコン版では光の4戦士ということで固有の名前や、主人公キャラに背景やストーリーというものはありませんでした。DS版では4人の主人公に固有の名前が付き、キャラクターがしっかり分けられています。

ジョブチェンジシステムの改良

アプリ版ではどのジョブでもゲームをクリアすることが出来るようになっています。1番弱い、戦士やモンクでも熟練度を上げれば強くなります。ファミコン版では、最後に手に入る二つのジョブ、忍者と賢者が異常に強いために、それ以外の職の出番がほとんどなかったのですが、アプリ版ではさまざまなジョブで遊べるようになっています。

隠しボスや隠しアイテム

アプリ版ではラスボスより遙かに強い隠しボスがいます。そのため、クリアしてからもそのボスを倒すために強くなる必要がありますし、強力な装備の入手が不可欠です。また、職業ごとに最強の武器や防具「マスターアイテム」があります。アルテマウェポンといったファイナルファンタジーファンには馴染みの深い隠し武器もありますので探して見てください。

フェニックスの尾は貴重品

本来、「フェニックスの尾」はキャラクターを蘇生できるアイテムとして道具屋に売られていたのですがアプリ版にはありません。町やダンジョンの宝箱で手に入れるしかない貴重品なので、レイズや回復の泉といったものを上手く利用したほうがいいでしょう。遊んでいて1番驚いた改良点はこれだったりします。

■商品データ
価格:1800円
メーカー:スクウェア・エニックス
公式サイト:https://itunes.apple.com/jp/app/id424591347?mt=8

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。