iOSや端末のアップデートに合わせて、バグ修正/機能を強化してくれる「i写真フォルダ」

写真はイメージです

写真はイメージです


iPhoneに変えたときに、「i写真フォルダ」の値段がたまたま下がっていて、レビューなども見る限り良さそうだと思って、購入しました。

その後も、無料の写真整理アプリをいろいろと試してみましたが、私に関しては、
  •  
  • ものすごい量の写真をiPhoneで撮るわけではない
  • 使い慣れている
  • Wi-Fi経由でPCとやりとりできる
以上3点が主な理由かと思いますが、「i写真フォルダ」で間に合っています。

有料アプリ(85円)ですが、買ったらそれでおしまいで、アフターサービスはなし、といったものでなく、iOSや端末のアップデートに合わせて、バグ修正/機能を強化したりします(最近なら、iOSでいうパスコードロックの機能が新たにつきました)。それらはもちろん無料ですので、値ごろ感があります。

基本機能はシンプルで、アプリを立ち上げるとフォルダが出ます。フォルダは新規に追加もできますし、名前や色、順番なども自由に変えられます。

フォルダ内の写真をいじる機能としては、レタッチ的なことはできませんが、検索/ソート、メールやMMSに貼り付けてくれたり、TwitterやFacebookに送ることもできます。

私はデジカメだろうと、iPhoneだろうと、撮った写真を、基本的にはPC上で確認(と調整)をしてからHDDなりメディアに保存するのですが、このアプリにはWi-Fi同期機能がついていて、PCのブラウザ経由で、アプリ内の写真をダウンロードしたり、逆にアップロードもできます。

私が実際に使っているのはこの程度ですが、他にも、Wi-Fiの環境がなくとも、Bluetooth同期ができるなど、いろいろな機能がついているようです。

膨大に写真を撮る方にはこのアプリは向かないかもしれませんし、そういった方には日付で勝手に整理してくれるアプリなどもあるので、そちらのほうがいいのかもしれません。


■i写真フォルダ
価格:85円
メーカー:EnSight Media
公式サイト:http://ensightapps.com/
i写真フォルダ:https://itunes.apple.com/jp/app/mi-mino-xie-zhen-guan-li-i/id367327563?mt=8
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。