“後ろ向き”を体験レポート
「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」

では、いよいよ期間限定の“後ろ向き”コースター「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド~バックドロップ~」です。乗った感想としては「前向きとは別物のコースター」でした。後ろを向いているので次のコースがどうなるかわからないスリルはかなりのもの。そして“バックドロップ”一番のポイントは「浮遊感」です。コースターのなすがままに操られながら空中をフワ~、フワ~と浮くような新感覚。これは、今までに味わったことがない感覚でした。一番近い感じは富士急ハイランドの「ええじゃないか」……でも「ええじゃないか」より、こちらのほうが爽快でおもしろさは上だと思います。

バックドロップ

「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」の入口です。期間中“前向き”と“後ろ向き”はどちらも運行しています


では“後ろ向き”劇場の開幕です!

バックドロップ

“後ろ向き”なので、上昇時に大阪ベイエリアの風景が目の前に広がります。“前向き”の落下時より、ゆっくり景色を見られるので、ちょっと得した気分

 

バックドロップ

そして“後ろ向き”の落下。グーンと引っ張られるような感じで“前向き”より「落ちていく~」「落とされる~」という感覚が強く不思議な体験でした。特に、一番後ろ(この写真の一番上部です)に乗るとその感覚はマックスになりますよ

バックドロップ

後ろ向き落下の別アングルです

バックドロップ

ハリウッドの建物の上を通るキャメルバックも、コブを越えるたびに後ろに引っ張られ「浮いてる、浮いてるぅ~」の連続

バックドロップ

写真だけ見ると左から右に進んでいるようですが“後ろ向き”ですので写真の右から左へ進んでいます

バックドロップ

“前向き”と同じく「ダブルヘリックス」への突入シーン。ですが、乗っているときは次に水平ループが来ることもわからないのです

バックドロップ

そして「ダブルヘリックス」へ。コースターは写真左から右へ進んでます

バックドロップ

しつこいようですが、コースターは写真の左から右へ進んでいます

バックドロップ

バンザイをしながらコースターが出て来たのではなく、これからハリウッドの建物の中へ入っていきゴールへと向かいます


 約3分間の“後ろ向き”の旅、いかがでしたか? 確かにスリル満点のコースターです。ただ、絶叫系がちょっと苦手な人には、先のコースが見えない分、コースターに身を任せられて“前向き”より“後ろ向き”のほうがトライしやすいかもしれません。しかも、このコースターは「走行がとってもスムーズ」なのもポイントです。大人気で行列必至ですが、ぜひ一度トライしてみてください。

次ページは「ユニバーサル・レインボー・サーカス」などの紹介です。