家族の一員、ペットのために加入しておきたい保険
日本アニマル倶楽部「Theペット保険PRISM」

いま、犬や猫以外の小動物や爬虫類、鳥類をペットとして飼う人が増えています。犬や猫に限らず、どんなペットも大切な家族の一員です。そして、しゃべることができないペットは、自分の身体の不調を訴えることができません。

また、小動物や爬虫類、鳥類などは、野生時に弱った姿を見せると敵に攻撃されやすいことから、たとえ身体の調子が悪くても、ぎりぎりまで我慢してしまう傾向があります。

だからこそ、何か異変に気付いたらすぐにでも動物病院へ行って検査をして、必要に応じた治療を受けさせてあげたいものです。

そんな時、犬や猫以外も加入可能なペット保険に入っていれば安心です。なかでも、日本アニマル倶楽部の「Theペット保険PRISM(プリズム)」は多くの種類の動物が対象となります。

では、どんな動物が何歳まで加入可能なのでしょうか。
()の中が加入可能な年齢です。

●対象加入動物:
◆小動物
うさぎ(満11歳未満)、フェレット(満5歳未満)、チンチラ(満5歳未満)、リスザル(満5歳未満)、プレーリードック(満4歳未満)、ハリネズミ(満4歳未満)、リス(満4歳未満)、モモンガ(満4歳未満)、モルモット(満3歳未満)、ハムスター(満2歳未満)
◆鳥類
オウム(満20歳未満)、ヨウム(満20歳未満)、ブンチョウ(満9歳未満)、サイチョウ(満9歳未満)、カナリア(満9歳未満)、インコ(満9歳未満)、ジュウシマツ(満5歳未満)
◆爬虫類
カメ(満15歳未満)、イグアナ(満10歳未満)

また、「Theペット保険PRISM」には、ペットの種類や予算などのニーズに応じて、好みのプランを選べるようになっています。小動物は4つ、鳥類・爬虫類は2つのプラン選択が可能です。

最後に「Theペット保険 PRISM」の特徴を簡単に述べておくと以下のようになります。
  • 保障限度額までの治療費の実費を支払ってくれます
  • ペットの年齢が上がっても保険料が上がりません
  • 終身にわたり更新が可能です(新規加入には年齢制限があります)

大事なペットが、日々、安心して暮らせるように、ぜひペット保険を活用しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。