おっぱい以外の子育ては、みんなに手伝ってもらおう

産後の母親にとって必要なことは、なにも特別なことではないと丑田さんは考えます。家事を手放して、赤ちゃんと一緒に少しでも休んで、栄養のあるご飯をしっかりと食べて、出産と慣れない子育てで疲労が重なる心身を、ゆっくりと整えていくこと。ドゥーラという存在だけでなく、ご両親や父親など、気恥ずかしさや他人に頼りたくないなどの気持ちもあるかもしれませんが、おっぱい以外の子育ては、みんなに手伝ってもらうことが当たり前、というくらいに考えてほしいのだそうです。

「ドゥーラ協会では“産後ドゥーラ”を養成していますが、母親に寄り添うこと、それが「ドゥーラ」の使命だと考えています。その地域の子育て環境をきちんと知ってもらって、地域のなかで子どもを育てていく。産後のメンタリティも動きやすい時期に、心に寄り添うことを大切にしたいと考えています。それから、父親にも“ドゥーラがいるから帰宅が遅くなってもいいや”ではなく、母親自身が心身ともにすこやかに過ごすことが大切で、そのために母親を支えてあげることの大切さを知ってほしいと思います」(丑田さん)
産後ドゥーラ養成講座では、知識の習得だけでなく、実習やグループワークに重きが置かれている

産後ドゥーラ養成講座では、知識の習得だけでなく、実習やグループワークに重きが置かれている

 “子どもは社会の宝物”といいますが、夫婦ふたりのときには「パートナー」という関係性だったのが、子どもが生まれると「家族」という単位の“社会”になります。人との関わりそのものを、いちから学び直す機会がそこにはあるのかもしれませんね。


■関連記事
一人で抱え込まない!「産後プラン」のススメ >>
一般社団法人ドゥーラ協会 >>




■夫婦関係のお悩みにまつわる詳細な体験談を、noteで公開スタートしました
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
40代でモラハラ・DV夫との離婚を決意。応じない夫と押し問答の末、2年後に離婚成立した話(50代、女性)

経験シェアリングサービス「エクシェア」の、新コンテンツです。
不倫、モラハラ、シングルマザーの恋愛など、なかなか語られることのない体験談を、細かく、具体的に語っていただきました。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。