駅から徒歩2分の駅前寺院

 

 

クアラルンプール近郊で最大のヒンドゥー寺院「バトゥー・ケーヴ(Batu Cave)」をおすすめします。クアラルンプールから13km、ツアー所要時間は2時間ほどで、デイトリップとして最適です。
エントランスでは、まず全身金色の巨大な仏像に圧倒されます。その脇には寺院に向かう階段が目の前に迫り、さらに圧倒されます。
勾配はキツめで、みなさん手すりにつかまり、休み休み、昇っていました。

 

 

途中小さな仏像や凶暴な猿に襲われそうになりながら272段を昇りきると、洞窟寺院があります。洞窟といっても天井はなく、高さ100mの壁に囲まれた寺院となっています。湿っぽく薄暗い空間は神聖というよりは不気味ですが、日本では親しみのないヒンドゥー教寺院の雰囲気を垣間みることができます。

 

 


毎年行われるヒンドゥー教徒最大の祭り

この寺院では、ヒンドゥー教徒最大の祭りが毎年行われ、100万人以上の信徒が訪れます。体にペイントしたり装飾品を刺した信徒が階段を埋め尽くし、その様子は圧巻の一言に尽きます。
ただし、一般観光客はとても入れるような状況ではないと思われますので、万が一その時期にあたってしまったら、遠くから眺めるだけにするのが吉です。

ツアーの申し込み方

バトゥー・ケーヴはほとんどのホテルのツアーデスクで参加申込みができます。
ツアーではなく、自分で行きたいという方は、安くて便利なKTMコミューターを利用し、バトゥー・ケーヴ駅で降りましょう。
駅から徒歩2分、まさに駅前寺院です。
駅から寺院へ向かう道にはカラフルなヒンドゥーの神々の像が並び、異文化を感じることができます。

注意点

サンダルやタイトなスカートではムリがありそうです。また、帽子と飲み物は必ず用意しましょう。ビニール袋などを持っていると中身を狙う猿に本気で襲われそうになります。

■ Batu Cave(バトゥー・ケーヴ)
住所:Batu Caves Sri Subramaniam Temple, Kuala Lumpur 68100, Malaysia
アクセス:クアラルンプール駅からKTMコミューターでバトゥ・ケイブ駅

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。