featuring~の先駆け的な名曲

元フリッパーズギターの小沢健二と、ラップグループのスチャダラパーによる1994年の作品。同じ楽曲をレコード会社の枠を超えて、小沢健二サイドとスチャダラパーサイドでアレンジ違いをリリースして、コラボレーション作品という新しい流れを作ったエポックメイキング的な作品です。

その後、featuring~という曲がすごく流行りました。小沢健二の繊細なボーカルとスチャダラパーのラップ、サンプリングされた音、今聴いても新しさを感じます。

たくさんのアーティストにカバーされている名曲です。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。