今回ご紹介する遮光カーテンは、遮光生地に優れたレーザー技術で繊細な穴をあけた斬新な商品。

Creation Baumann(クリエーション バウマン)、2013年春の新作『DIMMER SKY』です。

遮光生地に、故意に光が差し込むよう穴空き加工がなされた、これまでにありそうでなかった、シンプルで大人の遊び心をくすぐる魅力的なカーテンで、外からの光が朝日と共に空間に広がるようデザインされています。

光と調和するカーテン

光と調和するカーテン

朝、日の光が差し込むと、カーテンを開けずして、空間に光と影の模様ができ上がります。

画像は上のグレーの部分が遮光カーテンで、下のブラウンの部分はその影が映るフローリングです。

これまで『遮光』とは読んで字のごとく「光を通さない」ものでしたが、こちらの商品はその概念をさらりと払拭。日の出とともにその光を楽しめる粋なカーテンです。

「遮光とはいえ、目覚めず眠り続けてしまうのは嫌。けれどけたたましい目覚まし時計の音も頂けない」、「体内時計を整えて、朝日が出たら目を覚ます生活がしたいけれど、ライフサイクルが朝日と共に、となると早すぎる」・・・なんていうお声を耳にしたことがあります。

(ガイドの個人的な感想ですが)そんな方がこの商品を知ったら、『当初の悩み解決』とまではいかなくとも、その遊び心にグッと引き寄せられるのではないか?と思いました。

朝、目覚めた時に、ほんのちいさなドット穴から、太陽の光が差し込んでいたら、カーテンを開けるまで真っ暗だった空間が楽しいものになりますよね。

一日のスタートがちょっと違ったものになること間違いなし。

遮光ゆえに光と影のコントラストが大きいので、光の差し込み方に好感が持てることは間違いありません。小さなサークルの連なりが朝を伝えてくれるって、素敵です。
DIMMER SKYundefined生地と影

DIMMER SKY 生地と影


こんな洒落た商品は、大人の遊び心をくすぐるはず。
実物はCreation Baumann(クリエーション バウマン)のショールームでご確認ください。

*営業時間 : 10:00~17:30
*休館日 : 水曜日・祝日・夏期休暇・年末年始・ゴールデンウィーク
*住所 : 〒141-0022 東京都品川区東五反田5-25-19 東京デザインセンター4F



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。