マレーシアの名門コースで、南国ゴルフを満喫

テンプラーパーク・カントリークラブ

テンプラーパーク・カントリークラブ。週末は在馬日本人と在馬韓国人のプレーヤーで混雑。平日がおすすめ

マレーシアはゴルフ天国! 政府が「ゴルフ立国」を宣言して力を入れているほどで、世界的に有名な2大ツアーが開催される名門コースから、比較的リーズナブルなコースまで多数あります。マレーシアのゴルフ事情総括は、こちらのマレーシアでゴルフをどうぞ。ここではクアラルンプール近郊にある代表的な3つのゴルフコースをご紹介します。

テンプラーパーク・カントリークラブ

テンプラーパーク

象徴的存在の巨大な岩。野生の猿がいるので、バナナなどの食べ物や財布などの小物をカートに置きっぱなしにしないこと

テンプラーパーク

南国ならではの椰子の木の下でナイスショット!

ジャンボ尾崎さんがコース設計に携わり、谷越え、池越え、打ちおろしなど起伏に富んだおもしろいコース。コース途中に巨大岩山がひょっこり顔を出し、まるでマレーシアの広大な自然を象徴しているようです。映画『プロゴルファー織部金次郎』の舞台としても有名。プレー後は、海外ではめずらしい大浴場の湯船に浸かってゆったり。お風呂で疲れを癒したら、南国気分満点のレストランでマレーシア名物のカントニーズイーミー(餡かけ焼きそば)を注文し、タイガービールで乾杯しましょう。

なお、下記データ欄のラウンド価格は、現地の旅行会社が提供する送迎付きゴルフツアーの値段です。ゴルフ場は辺鄙な場所で分かりにくく、スタート時間に厳格なので、タクシーを使って自分で行くよりは、ツアーに参加するほうが断然安心です。

 

<DATA>
TEMPLER PARK COUNTRY CLUB
住所:KM 21, Jalan Rawang, 48000 Selangor, Malaysia
TEL:+60(3)6091-9111
参考価格 平日プレー510リンギ~(約15,300円~/送迎・カート・キャディー代含む/ウェンディーツアーのゴルフツアーより)

サウジアナ・ゴルフ&カントリークラブ

サウジャナ

サウジアナ・ゴルフ&カントリークラブ。いつものスコアに10をプラスと言われるほどの難関

サウジアナ

池沿いのコースだったり、バンカーが深かったりといくつものトラップあり

マレーシア屈指の難関コース。アメリカの雑誌『ゴルフダイジェスト』の海外コーストップ100ランキングで、69位に選ばれた名門。公式大会も何回も開かれています。2009年にはマレーシアオープンツアーで片山選手もラウンドしたことでも有名。グリーンの芝がよく刈りこまれていて早く、攻めるには戦略を求められるコース。中級者から上級者向け。クラブハウスのおすすめローカル飯は、イカンビリス・ソーセージと鶏のワンタンミー(ソースあえ麺)。マレーシア名物のイカンビリス(揚げた煮干し)とソーセージを炒めた料理はシンプルながらもビールのつまみにぴったり。ホテルが隣接しているので、1泊2日のゴルフ三昧もおすすめです。

 

<DATA>
SAUJANA GOLF & COUNTRY CLUB
住所:Saujana Resort Seksyen U2, 40150, Shah Alam P.O. Box 8148, Kelana Jaya, 46783 Petaling Jaya Selangor,Malaysia
TEL:+60(3)7846-1466
参考価格 平日650リンギ~(約19,500円~/送迎・カート・キャディー代含む/週末設定なし/ウェンディーツアーのゴルフツアーより)

グレンマリーゴルフ & カントリークラブゴルフ

グレンメリー

ホリデイ・インに隣接しているので、ホテルライフとゴルフを満喫すればセレブ気分(写真提供:ウェンディーツアー)

グレンメリー

2人乗りのバギー。キャディーさんはカート後ろに立ち乗り。(写真提供:ウェンディーツアー)

初心者から上級者まで幅広く楽しめるコースです。比較的好スコアを狙えるガーデンコースと上級者の挑戦心をくすぐるバレーコース。フェアウェイは広々としていて開放感があります。芝の手入れが丁寧。カートは日によってコース内に入ることも可能。テニスコートもある複合スポーツ施設になっています。 ホリデイインに隣接しているので、お泊りゴルフもOKです。

 

<DATA>
Glenmarie Golf & Country Club
住所: No. 3 Jalan Usahawan U1/8, 40150 Shah Alam, Selangor,Malaysia
TEL:+60(3)7803-9090
参考価格 平日450リンギ(約13,500円/送迎・カート・キャディー代含む/週末設定なし/ウェンディーツアーのゴルフツアーより)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。