奴隷貿易の悲劇を今に伝える「ゴレ島」

ダカールの沖合いに浮かぶ小島「ゴレ島」。かつてアフリカ最大の奴隷貿易の中心地として、多くの過ちと悲劇が生み出された場所。その記憶をとどめるために、世界遺産に指定された

ダカールの沖合いに浮かぶ小島「ゴレ島」。かつてアフリカ最大の奴隷貿易の中心地として、多くの過ちと悲劇が生み出された場所。その記憶をとどめるために、世界遺産に指定された

西アフリカの中でも一番西に位置するセネガルの首都、ダカール。ここの沖合い3kmほどのところにゴレ島(Île de Gorée)という小さな、しかし人間の歴史にとっては非常に大きな島があります。この島が世界遺産にまでなったのは他でもありません。かつてこの島は奴隷の積出し港として、数え切れないほどの悲話の舞台となった場所だからです。

【関連記事】
セネガルの首都・ダカールはこちらをご覧ください

この地に初めて到達したヨーロッパ人は、1444年にやって来たポルトガル人でした。以来、19世紀に至るまでオランダ、イギリス、フランスと引き継がれ、このゴレ島はアフリカ最大の奴隷貿易拠点として、歴史にその名を刻むことになりました。最盛期は18世紀頃、主な「輸出先」はアメリカ大陸で、ここから送られた奴隷の数は総計2000万人と言われています。

ただでさえ危険に満ちた当時の航海を、船倉の中に身動きもできない状態で隙間なく鎖に繋がれ、劣悪な環境の下で何千キロもの大西洋を渡った「奴隷船」の話は歴史の教科書でも知っての通りです。常識的に考えても無事新大陸にたどり着いた人はごく一部で、力尽きた人はその場で鮫の餌となりました。

今に残る、「奴隷の家」

1776年にオランダ人によって建てられ、当時「積み荷」達が収監されていた「奴隷の家(La Maison des Esclave)」が今でも残っています。この小さな建物は二階建てで、150人から200人ほどの奴隷が男、女、子供、少女などに分けられて、一階の各々の部屋に鎖で繋がれていました(二階は白人の部屋です)。

ここで、奴隷たちは値付けされ、船会社の焼印を押され、旅立ちの日まで監禁されましたが、体重が規定(60kg以上)に満たない男子は、家畜のように飼料を食わされ、肥えさせられました。劣悪な環境の下で伝染病が蔓延しましたが、それでも病人やけが人は、多くが鮫の餌となりました。
多くのアフリカ人が収容された「奴隷の家」。そこにあったのは無限の苦しみと絶望のみ

多くのアフリカ人が収容された「奴隷の家」。そこにあったのは無限の苦しみと絶望のみ

ここに収容された奴隷たちに明日への希望はありませんでしたが、少女の奴隷にだけは、たった一つだけ、自由の身となる可能性が残されていました。それは、白人の子を身ごもること。今日軽々しく「究極の選択」などと言われる些細なことなどとは比較のしようもありませんし、彼女たちにとってはどれほどの決断だったか想像も及びませんが、それでもその道を選んだ人がいたことは、また無理からぬことでもあったでしょう。

そして“その時”が来ると、奴隷たちは裏口にある「戻らずの門」を通って係留された船に積み込まれていきました。奴隷たちにとっては脱出の最後の機会でしたので、多くの人が抵抗して海に飛び込んで行きましたが、ほとんどが番兵に撃ち殺されるか、またしても鮫の餌となるのが結末でした。

大西洋の大海原は死出の旅

大西洋の大海原は死出の旅

現在も残る戻らずの門は、門というにはあまりにもみすぼらしいただの出口ですが、ここから望む大西洋の荒波は家族と引き離されて売られていく奴隷たちにはどのように映ったのでしょうか。

 

>> 奴隷とは何なのか